事務所案内

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月にニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、下記のイラストにあるように「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。弁護士法人サンク総合法律事務所は、この理念ならびに目標に賛同し、日本政府とともに課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

世界を変えるための17の目標

弁護士法人サンク総合法律事務所の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)

弁護士法人サンク総合法律事務所は、依頼者のみなさまが企業活動や市民生活の中で直面するさまざまな法律問題に対して、迅速かつ的確なリーガルサービスを提供しております。

主なサービスは「企業顧問」「民事事件一般」「離婚、相続、遺言」「事業再編」「不動産賃貸に関する諸問題」「中小企業の諸問題」「貸金問題」「企業の倒産処理」「商品先物被害・未公開株被害」「成年後見・任意後見等」「高齢者問題」「ファンドビジネス関連業務」「刑事事件」「企業研修講師」「債務整理」「不動産取引」等になります。

SDGsの「世界を変えるための17の目標」には私たちの事業を通じて貢献できる多くの目標があります。私たち弁護士法人サンク総合法律事務所は、これらのリーガルサービスを通じて、下記の8つの目標に特化して取り組んでいきます。

弁護士法人サンク総合法律事務所の掲げる8つの目標