ショッピングローンは債務整理できる?整理後の立て直し法も解説

最終更新日:2020/10/01

クレジットカード

クレジットカードのショッピング機能は便利なのでついつい使いすぎてしまいがちです。

ライフカード残高やイオンカード残高、楽天カード残高などがかさんで支払いが苦しくなることも多いです。

このようにショッピング債務がかさんだ場合にも任意整理で解決することが出来るのでしょうか。

その場合のブラックリスト問題による影響も知りたいところです。

今回は、クレジットカードなどのショッピング債務を任意整理出来るのかについて解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • ショッピング機能は借金というより、買い物代金を立て替えてもらえる機能だが、任意整理をすることは可能
  • 任意整理は純粋な借金だけでなくあらゆる種類の債務を対象に行うことが可能
  • 任意整理をするとブラックリスト状態になるが、今後返済の目処が立たない・滞納しているなどの場合にはまず生活の立て直しを優先すべき

ショッピングローンは借金ではない?

ショッピング債務を任意整理出来るのかを考える前提として、まずはショッピング債務とはどのようなものなのかを確認してきましょう。

JCBカードやクレジット会社などのクレジットカードには、キャッシング機能とショッピング機能があります。

ショッピングにはリボ払いなどもありますが、キャッシングとショッピングは何が違うのでしょうか。

まず、キャッシングは純粋にお金を借りる機能です。

消費者金融や銀行系カードローンなどと同様の仕組みです。

住宅ローンやおまとめローン、借り換えローンも同じです。

借金なので、返済時に利息が加算されます。

これに対してショッピング機能は買い物代金を立て替えてもらう機能です。

利用者はある商品を買い、クレジット会社が代わりに販売社にお金を立替払いするので、購入者はクレジット会社に対して立替金を分割償還していくことになります。

これは、お金を借りる機能ではありませんので、上乗せして支払う金額についても「利息」ではなく「手数料」という扱いになります。

このように、ショッピング債務は立替金債務であって、厳密な意味での借金とは異なります。

ショッピング債務も任意整理出来る

ショッピング債務は銀行カードローンなどと異なり借金では無いのであれば、任意整理の対象にならないのかが心配になります。

この点、ショッピング債務も任意整理で解決できます

任意整理では、三井住友銀行カードローンなどの純粋な借金だけでなくほとんどあらゆる種類の債務を対象として手続きすることが出来ます

たとえば不払い家賃などは「借金」ではありませんが、任意整理で解決することが出来ますし、買掛金などの債務も任意整理出来ます。

よって、クレジットカードなどでキャッシングの借入残高だけでなくショッピング利用分がかさんでおり、借金返済が出来なくなった場合にも問題なく任意整理で解決できます。

任意整理するとクレジットカードが作れなくなる!

信販系クレジットカードなどのショッピング債務がかさんで任意整理した場合、月々の支払は楽になりますが、注意しないといけないことがあります。

それは、任意整理などの債務整理手続きを利用すると、信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されて、みずほ銀行等の金融機関や貸金業者の融資の審査に通らなくなるということです(ブラックリスト状態)。

このことによって、年収や勤続年数の足りている銀行員であっても、ローン申し込みをしても住宅ローンなどの各種のローンが組めませんし、自分名義でクレジットカードを発行することも出来なくなります。

もちろん任意整理後はショッピングローンを組むことも出来ません。

任意整理後のブラックリスト状態は手続き後5年程度続きますので、その間は自分名義でクレジットカードのショッピングを利用することが出来なくなることには注意が必要です。

どうしてもクレジットカードを使いたい場合には、ご主人や奥様などの家族名義のカードなどを利用させてもらうことになります。

ただ、ショッピング枠がかさんで滞納しそう、または返済の目処が立たないという方は悩む余地も無く任意整理手続きを依頼するべきです。すでに滞納してしまっている方は尚更です。

これ以上悩んでいても、収入が激増したりしない限りどちらにしても状況が改善しないか、もしくは滞納してブラックリスト状態になることは避けられないでしょう。それなら今すぐ任意整理で払える額ずつ分割にしてもらう方が賢明です。

司法書士や弁護士などの専門家に任意整理を依頼すれば、事情を汲み取ってなるべく可能な額ずつの支払いにしてくれますし、状況によって任意整理では解決しきれない場合は、個人再生や自己破産など最善の提案をしてくれます。

まとめ

ショッピング債務は厳密な意味での「借金」とは異なりますが、ショッピング債務も任意整理の対象になります

ショッピング債務を任意整理した場合、ブラックリスト状態になって自分名義でクレジットカードを作ることが出来なくなります。

手続き後5年間はクレジットカードのショッピング利用も出来なくなることに注意が必要ですが、今後返済の目処が立たない・滞納しているなどの場合にはまず生活の立て直しを優先すべきです。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について