2回目の任意整理は可能!出来ない場合とその対処法は?

最終更新日:2020/04/08

頼れる弁護士

消費者金融会社のキャッシングやイオンカードなどのクレジットカード、フリーローンや銀行カードローンなどの借金がかさんで返済が苦しくなったら任意整理で解決する方法が有効です。

しかし、任意整理後再度借金してしまった場合など、二回目の任意整理は出来るのでしょうか。

二回目の任意整理が出来ない場合の対処法も知りたいところです。

今回は、二回目の任意整理が出来るのかについて解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

二回目の任意整理は出来る

アイフルなどの消費者金融を利用して、自分や配偶者の給料からでは返済が苦しくなり、子供の学費ローン、教育ローンなどの返済、携帯電話代、家賃などの支払いなどまで難しくなってしまったら、弁護士事務所や司法書士事務所に相談依頼して任意整理で解決することが多いです。

しかし、任意整理後の支払いが苦しくなって返済出来なくなったり、任意整理後再度借金してしまうなどの理由で、再度債務整理手続きを執る必要が発生することがあります。

この場合、二回目の任意整理は出来るのでしょうか。

この質問に対する答えは、「出来る」ということになります。

任意整理には特に回数制限や、期間の制限などはないので、二回目でも三回目でも利用することが可能です。

この点、自己破産の場合には、前回の免責決定後7年が経過しないと再度の免責が受けられないなどの制限があります。

これと比べても任意整理は自由度が高く利用しやすい手続きであると言えます。

また二回目の任意整理は、必ずしも一回目と同じ司法書士・弁護士事務所で行わなければいけないというきまりはありません。

二回目の任意整理が出来ない場合

任意整理には回数や期間の制限が無いので二回目の任意整理も可能ですが、どのようなケースでも二回目の任意整理が出来るわけではありません。

二回目の任意整理が出来ない場合とはどのような場合でしょうか。

たとえば、任意整理後の支払いが出来なくなってしまった場合です。

この場合、債権者が再度の話し合いに応じてくれないことがあります。

というのも、債権者にしてみれば、いったんは「必ず支払う」と約束して和解書を作成したにもかかわらず、支払い日に支払い遅れが続いて、ついには支払いが出来なくなったので再度話し合いに応じて欲しいと言われるわけです。

当然信用出来ないということになりがちです。

よって、二回目の任意整理では債権者が話し合いに応じない場合があります。

次に問題になるのは任意整理後収入が減るなどで返済が出来なくなったケースです。

もともとの返済計画に無理があって、返済が苦しくなることもあります。

これらの場合、そもそも支払いが出来なくなっているので、二回目の任意整理をしてもやはり返済が出来なくなることが目に見えています。

よって、この場合もやはり二回目の任意整理をすることが難しくなります。

二回目の任意整理が出来ない場合の対処法

二回目の任意整理が出来なくなるケースがあることはわかりましたが、二回目の任意整理が出来ない場合には、どのようにして借金問題を解決すれば良いのでしょうか。

この場合には、個人再生や自己破産などの別の債務整理方法で解決することが有効です。

債権者が任意整理の話し合いに応じない場合であっても個人再生や自己破産をすれば強制的に借金返済義務が減免されます。

また、収入が少なくて返済が出来ない場合でも、個人再生で大幅に借金が減額されたり自己破産で借金返済義務が無くなったら、借金問題が解決出来ます。

よって、二回目の任意整理が出来ない場合には、個人再生や自己破産手続きを利用して解決しましょう。

まとめ

二回目の任意整理は可能です。

しかし任意整理後の支払いが出来なくなったり、収入が減って返済出来なくなった場合などには二回目の任意整理は難しくなります。

この場合には、個人再生や自己破産などの別の債務整理手続きを利用して借金問題を解決しましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について