2回目の任意整理は可能?注意点と成功の秘訣を解説!【債務整理】

最終更新日:2021/10/08

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
弁護士 堀川 民人

弁護士法人サンク総合法律事務所 堀川 民人

頼れる弁護士

「任意整理をしたけれど、その後再度借金をして返済が苦しくなってしまった…」

このような状況でお悩みの方もおられるでしょう。

今回は、二回目の任意整理が出来るのか、また二回目の任意整理をする場合の注意点と成功するためのポイントについて解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

この記事の要約
▼任意整理を利用すること自体は2回目でも可能だが、1回目と同じ債権者が任意整理の交渉に応じる可能性は高くない

▼1回目の任意整理をした後に収入が減る・支出が増えるなどのため返済の目途が立たない場合には、2回目の任意整理をしても意味がない

▼2回目の任意整理を成功させるためのポイント
・弁護士などの専門家に相談・依頼をする
・借金の原因や収入・支出を見直す

▼2回目の任意整理ができない場合は、自己破産や個人再生など別の債務整理を検討する



任意整理とは

任意整理は、裁判所を通じることなく債権者(消費者金融などの借入先)と直接交渉をして借金を減額してもらう手続きです。

任意整理は、基本的には、将来利息がカットもしくは大幅減額される方法です。元金(借り入れ金額)は減らない場合がほとんどです。借金を滞納した状態から任意整理をした場合、すでに発生している遅延損害金をカットしてもらえることもあります。

任意整理をするとクレジットカードやローンの審査に影響が出る、いわゆるブラックリスト状態になるというデメリットがあります。

ただ、裁判所を利用しないため家族や職場に内緒で解決しやすいというメリットもあり、債務整理の中では任意整理の利用者が最も多いと考えられます。
任意整理について詳しい記事はこちら:「任意整理とは?メリットとリスク・費用について徹底解説【債務整理】

2回目の任意整理は可能なのか

借金返済が苦しい


任意整理は、法律上の制度ではないので、法律上の回数制限や期間の制限などはありません

たとえば自己破産の場合には、前回の免責許可決定確定後7年が経過してから免責許可を申し立てないと、原則として、再度の免責が受けられないなどの法律上の制限がありますが、任意整理の場合、債権者に対して交渉を持ちかけること自体は2回でも3回でも可能です。

また2回目の任意整理は、必ずしも1回目と同じ弁護士や司法書士に依頼しなければいけないということもありません。

ただしここで注意したいのは、どのようなケースでも問題なくできるわけではなく「2回目の任意整理ができない場合がある」ということです。

2回目の任意整理ができない場合とは?

債権者が交渉に応じない

最初に任意整理をした債権者に対して、再度任意整理の交渉をしても、応じてもらえない場合もあります。

債権者からすると、最初の任意整理において「利息カット等の譲歩をしたうえで、しかし確実に完済してもらえる」と思って再契約をしたのに、これが守られなかった、ということになりますので、それも当然と言えます。

ですので、1回目と2回目で同じ債権者が任意整理の交渉に応じる可能性は必ずしも高いわけではないと考えましょう。

ちなみに、任意整理が1回目であったとしても、そもそも会社の方針として任意整理の交渉に応じないという債権者もいます。

任意整理は交渉事ですので、債権者が交渉に応じなければ成功しません。

任意整理後、返済できる見込みがない

任意整理は、借金の負担を軽くして、3年〜5年で分割して支払うという手続きです。

もし、無収入や収入不足により、任意整理後の支払いをする目処が立たないという場合は、任意整理ができません(債権者と再契約はできるかもしれませんが、実際にその再契約を守れないのでは、意味がありません)。

弁護士などに相談した際に、任意整理の支払い目処が立たない生活状況であれば、そもそも任意整理を提案されることが考えにくいでしょう。

以上のことは1回目の任意整理であっても同様ですが、1回目の任意整理時とは生活状況が変わっているという方は、特に注意しましょう。

2回目の任意整理を成功させるにはどうしたらいい?

計算機と書類

2回目の任意整理を成功させるためのポイントは主に2点です。

  • 弁護士などの専門家に手続きを相談・依頼する
  • 借金の原因や収支状況を見直す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

弁護士に手続きを相談・依頼する

先述した通り、2回目の任意整理は1回目の任意整理より難易度が上がるケースが多いです。

ただでさえ、個人で債権者との交渉をすることは負担が大きく、納得いく和解にもなりづらいものです。2回目の任意整理は、弁護士に交渉してもらうのがおすすめです。

まずは、依頼の前に、2回目の任意整理をするべきか否かを弁護士に相談しましょう。

弁護士は、借入のある債権者や現在の生活状況などから、2回目の任意整理をすることが最適なのか、他の手続きを検討すべきなのかなどを一緒に検討してくれます。

借入先の中に会社の方針として任意整理の交渉に応じづらい債権者がいる場合も、弁護士に相談すれば事前に教えてもらえることがほとんどです。

そして、債務整理に特化した弁護士であれば、これまでの実績に基づき手続きをスムーズに進め、依頼者の負担をなるべく少なくしてくれるでしょう。

借金の原因や収支状況を見直す

上述のように、仮に債権者が2回目の任意整理の交渉に応じてくれそうだとしても、返済のためのお金(原資)をねん出できないのであれば、任意整理をしても意味がありません。

そこで、借金の原因や、自分の収入・支出を見直し、原資をねん出できるのかどうかも検討する必要があります。

まず、借金の原因を考えましょう。例えばギャンブルで借金を作ったのであれば、ギャンブルを止めないと借金を繰り返すおそれがあります。

自分だけでは解決しにくいのであれば、適切な機関に相談したり、家族にお金の管理を協力してもらったりしても良いでしょう。

次に、収入・支出の見直しです。

収入面としては、副業をしたり、家族から援助を受けたり、障害年金を返済に充てたりすることが考えられます(ただし、生活保護を受けている方は、別途注意を要します)。

支出面も、より節約をできないか、家族等の力を借りられないか、よく検討しましょう。

なお、弁護士事務所等に相談した場合、依頼前に収支状況を確認し、「任意整理後の返済をしながら生活していく計画」を一緒に話し合ってもらえることが多いです。その点も、弁護士に任意整理を依頼するメリットと言えるでしょう。

2回目の任意整理ができない場合の対処法

頼れる弁護士

二回目の任意整理ができない場合には、どのようにして借金問題を解決すれば良いのでしょうか。

借金問題を解決したいけれど、債権者が交渉に応じてくれない場合や返済のめどが立たない場合には、自己破産や個人再生などの別の債務整理方法を検討してみましょう。

自己破産では、破産手続にともなって、借金を「完全に0(税金や健康保険料などは残ります)」にしてもらいたい、と裁判所に申立てをすることができます。ただし生活に最低限必要な限度を超える財産は、基本的に取り上げられたり売却されたりして、債権者に配当されます。

個人再生は、裁判所に借金を「元金ごと」大幅に減額する申立てをする手続きです。余り高額の財産を持っていなければ、借金を5分の1や10分の1にまで減らせることもありえます。また、住宅ローン以外の借金のみ減額することで、住宅ローンのある方が家を守れる特則もあります。

どちらも裁判所を利用する手続きですので、任意整理よりも弁護士費用は高額になります。

しかし、借金返済ができずに滞納してしまうと、ゆくゆくは残債の一括請求をされ、それも無視していると給与や財産などが差し押さえられるリスクが出てきます。

そのような状況になる前に、さまざまな選択肢を検討するのが賢明です。

どの債務整理が現在の状況を解決するのに最適か、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。

まとめ

任意整理を利用すること自体は2回目でも可能です。

ただし、1回目と同じ債権者が任意整理の交渉に応じる可能性は必ずしも高いわけではありません

また、1回目の任意整理をした後に収入が減る・支出が増えるなどのため返済の目途が立たない場合には、2回目の任意整理をしても生活が良くならず特に意味がありません。

2回目の任意整理を成功させるためのポイントは主に2点です。
・弁護士などの専門家に相談・依頼をする
・借金の原因や収入・支出を見直す

2回目の任意整理ができない場合は、自己破産や個人再生など別の債務整理を検討しましょう。

そもそも2回目の任意整理が最善の解決方法なのかなどは弁護士に相談してみましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について