任意整理しても引っ越し出来る?ブラックリストとの関係は?

最終更新日:2020/11/26

アコムなどの消費者金融会社やクレジットカードなどの債務がかさんで返済が出来なくなったら任意整理によって解決する方法が有効です。

しかし任意整理をすると、ローン借入やクレジットが利用出来なくなるブラックリスト状態になってしまいます。

このことによって、引っ越しが出来なくなることはないのでしょうか。

今回は、任意整理をしても引っ越し出来るのかについて解説します。

 

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 任意整理するとブラックリスト状態になる
  • 任意整理しても引っ越しはできる。ブラック状態はお金の貸し借りについて信用がなくなったことを指すので、賃貸契約に基本的には影響しない
  • カード会社や信販会社を通して家賃支払いを行う場合や、信販系の家賃保証会社を利用しなければならない場合は、入居審査に落ちる可能性がある

任意整理するとブラックリスト状態になる

任意整理をすると借金が整理されて、苦しかった借金返済が楽になります。

しかし、任意整理をするといわゆるブラックリスト状態になってしまい、ローンやクレジットカードの利用が出来なくなります。

任意整理手続きを執ると、信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関や貸金業者の融資の審査に通らなくなるからです。

ブラックリスト状態になると、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの各種のローンは利用出来ませんし、正社員で年収があっても自分名義でクレジットカードを発行することも出来なくなります。

ローンを利用したい場合にはブラックリスト状態になっていない家族名義で申し込みをしたり、カード利用したい場合には家族カードを利用させてもらうなどの対処が必要になります。

ブラックリスト状態になることによって、アパートの入居審査などにも落ちてしまい、引っ越しが出来なくなるのではないかというのが今回の問題点です。

任意整理しても引っ越し出来る

任意整理をしてブラックリスト状態になってしまったら、賃貸住宅の入居審査に落ちて引っ越しが出来なくなってしまうのでしょうか。

実は、そのようなことはありません。

ブラックリスト状態は、お金の貸し借りに関する信用情報に関する問題です。賃貸住宅を借りる場合には無関係です。

賃貸物件契約の入居審査の際に不動産屋や大家が個人信用情報を参照することはありません。

よって、任意整理をしてブラックリスト状態になっていても、一般的にはアパート賃貸契約は出来ますし、引っ越しも出来ます

実際に、任意整理や個人再生、自己破産手続き中に引っ越しをする人はたくさんいます。

アパート入居審査に通らないケース

任意整理をしても一般的に賃貸マンションの入居審査には通りますし、引っ越しも出来ます。

ただし、中には任意整理後の入居審査に通らないケースがあります。

それは、家賃支払い方法についてオリコや信販会社ライフなどのカード会社や信販会社を通している場合です。

この場合、賃貸物件への入居審査の際にカード会社や信販会社の審査があります。

すると、これらの貸金業者は個人信用情報をチェックするので、ブラックリスト状態であることが判明して入居審査に落ちてしまうのです。

また、賃貸契約には連帯保証人が必要ですが、これに関して家賃保証会社(保証人代行会社)が入る場合にも入居審査に落ちることがあります。

信販系の家賃保証会社は個人信用情報をチェックするので、やはり事故情報が記録されていると任意整理した事実が判明し、入居を断られてしまうのです。

このように、一部の契約では任意整理すると審査落ちする可能性があります。

任意整理後引っ越しをする場合には、家賃支払い方法に信販会社を通さず、信販系の保証会社が入らないタイプの賃貸契約を利用しましょう。

まとめ

任意整理後はブラックリスト状態になるが、ブラックリスト状態になっても一般的に賃貸住宅の契約は可能なので、引っ越しは出来ます。

家賃支払い方法に信販会社を介したり、信販系の保証会社が入る場合には入居審査に通らないことが多いです。

この場合には、引っ越しが制限されることになります。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について