任意整理してもauウォレットカードなら使える?ブラックリストとの関係は?

最終更新日:2020/04/24

カード

任意整理手続きを利用すると借金問題は解決出来ますが、ブラックリスト状態となり、新規にセブンカード、エポスカードなどのクレジットカードを作ることが出来なくなります。

しかし、携帯電話会社が発行しているauウォレットなら、ブラックリスト状態でも発行できると言われています。

auウォレットとはどのようなもので、クレジットカードとの違いは何なのでしょうか。

今回はブラックでも使えるというauウォレットについて解説します。

 

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • auウォレットは前払いのプリペイドカード。ブラック状態でもカードを発行できる
  • クレジットタイプのauウォレットカードは、ブラック状態だと発行できない携帯電話端末料金の滞納がある場合も)。

auウォレットはプリペイドカード

任意整理手続きを利用すると楽天カードなどのクレジットカード会社が発行するクレジットカードは利用出来なくなります。

任意整理により、信用情報機関が保有する個人信用情報(個人情報)に事故情報が記録されてしまうからです。

よって、どうしてもカードを利用したい場合にはご主人などの家族カードを利用させてもらうかデビットカードを利用するしかありません。

このように借り入れが出来ない状態のことを俗にブラックリスト状態といいます。

ただ、最近携帯電話会社(au携帯電話)でauウォレットカードというカード(マスターカード系)が発行されました。

このカードであれば、ブラック状態でもカード発行することが出来ます。

もちろんパートや生活保護の人でも利用出来、買い物などにも使えるので便利です。

ただ、ブラックリストの人が利用出来るauウォレットカードはプリペイドカードです。

利用するには事前に現金をチャージしておく必要があります(限度額あり)。

auウォレットの現金チャージはauショップやじぶん銀行などで出来ます。

auショップでチャージをすればポイントがつくなどのキャンペーンも実施されることがあります。

クレジットカード型もある

auウォレットは基本的には前払いのプリペイドカードです。

ただ、auウォレットにはクレジットカードタイプも発行されています。

すると、クレジットカードタイプのauウォレットカード(au walletクレジットカード)は、任意整理をしてブラックになっていると利用することが出来ないのかが気になるところです。

残念ながら、ブラックリスト状態の場合にはauウォレットカードであってもクレジットカード作成は出来ません

auウォレットクレジットカードを利用するには、任意整理後5年以上が経過して信用情報から事故情報が消除されるのを待つ必要があります。

携帯電話端末料金滞納との関係は?

auウォレットクレジットカードの新規カード発行を申し込む場合、携帯電話料金との関係にも注意が必要です。

携帯新規契約したり機種変更する場合、携帯電話端末代金を毎月の携帯料金と合わせて口座引き落としにして分割払いすることがあります。

この支払いを延滞すると、任意整理した場合と同様信用情報に事故情報が登録されて、ブラックリスト状態になってしまう可能性があります

こうなると、やはりauウォレットクレジットカードであっても持てなくなってしまうのです。

さらに、いったんブラック状態になってしまうと携帯端末料金の分割契約の審査(分割購入審査)にも通らなくなってしまうので、さらに注意が必要です。

ブラックリスト状態でも携帯料金滞納が無い限り携帯電話の利用自体は可能ですが、携帯端末を購入する場合には、一括払いするしかなくなります。

まとめ

任意整理をするとブラックリスト状態となりクレジットカードの新規発行が出来なくなりますが、auウォレットカード(プリペイド型)であればブラック状態でも利用出来ます

auウォレットクレジットカードの場合にはブラックリスト状態だと利用出来ません

携帯電話端末料金の滞納がある場合にもauウォレットクレジットカードの発行が出来なくなるので注意が必要です。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について