任意整理してもetcカードは使える?【債務整理】

最終更新日:2020/09/04

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
弁護士 今枝 利光

弁護士法人サンク総合法律事務所 今枝 利光

マイカー 家族

借金問題を解決するために、任意整理をはじめとした債務整理が有効ですが、債務整理をすると信用情報に事故情報が記録されて、いわゆるブラックリスト状態になります。

ブラックリスト状態になると、現在利用しているクレジット機能付きETCカードは利用できなくなってしまうのでしょうか。また、ブラックリスト状態でもETCカードを作成することはできるのでしょうか。

今回は、債務整理中のETCカードの取り扱いはどうなるかと、債務整理後にETCカードを利用する方法を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 債務整理をするとブラックリスト状態になるので、クレジット機能付きのETCカードは利用・発行できなくなる
  • 債務整理中や債務整理後でも、クレジット機能がついていないETCパーソナルカードであれば発行利用ができる

ブラックリスト状態になるとクレジット機能付きETCカードが使えなくなる

借金返済が苦しい場合、債務整理によって解決することがあります。

しかし、債務整理をすると、信用情報機関に事故情報が記録されてしまい、銀行等の融資の審査に通らなくなってしまいます。

こうなると、一定期間は会社員勤続年数や年収があっても住宅ローンを組むことも出来ませんし、新たに自分名義でクレジットカードを発行することも難しくなります。

このような状態のことを、俗にブラックリスト状態ともいいます。
ブラックリスト状態について詳しい記事はこちら:「ブラックリストとは?【借金滞納や債務整理と信用情報】

ブラックリスト状態になると、クレジット機能付きのETCカードも利用することが出来ません債務整理をするとそれまで利用していたETCカードが突然止められることもあります

家族名義のETCカードを利用している場合や、そこまで高速道路を利用しないのでETCカードがなくてもあまり困らないという場合は問題ないですが、債務整理中や債務整理後に、自分名義のETCカードを利用する必要がある人はどうしたら良いのでしょうか?

ETCパーソナルカードを利用する

債務整理中や債務整理後に個人でETCカードを持つ方法は、ETCパーソナルカードを作成することです

ETCパーソナルカードとは、高速道路6会社が共同で発行している、高速道路料金支払い用の専用カードです。

契約当初に保証金(デポジット)を預けた上で、月々の高速道路利用料金の支払いを銀行引き落としによって行います。

ETC専用でクレジット機能はないので、高速道路料金以外の支払いに利用することはできませんし、分割払い機能やキャッシング機能ももちろんついていません。

このため、ブラックリスト状態でも作成できます。

まとめ

債務整理をするとブラックリスト状態になるので、クレジット機能付きのETCカードは利用・発行できなくなります。

債務整理中や債務整理後でも、クレジット機能がついていないETCパーソナルカードであれば発行して利用することが出来ます。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について