債務整理(任意整理)するとマイホーム、マンション購入が出来ない?

最終更新日:2020/11/26

住宅 夫婦

消費者金融会社や銀行ローンなどの借金がかさんでローン返済が出来なくなったら任意整理などの債務整理手続きによって解決する方法が有効です。

しかし、債務整理をするとブラックリスト状態になって、ローン申し込みをしても通過しなくなります。

このことによって、マイホームやマンション購入が出来なくなるのでしょうか。

今回は、債務整理とマイホームやマンション購入の関係について、解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

債務整理すると住宅ローンが組めない!

モビット、アイフル、アコム、プロミス、以前の武富士などの消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの借金がかさんで多重債務者状態になり、ローン支払いが苦しくなったら、弁護士や司法書士に依頼して任意整理によって解決することが出来ます。

しかし、債務整理をすると、マイホームやマンション購入が出来なくなってしまうのでしょうか。

債務整理をすると、CICや全国銀行個人信用情報センターなどの信用情報期間が保有する個人信用情報(個人情報)に事故情報が記録されてしまいます。

このことによって、銀行等の金融機関や貸金業者の融資の審査に通らなくなります。

この状態のことを、俗にブラックリスト状態と言います。

ブラックリスト状態になると、マイカーローンやオートローンなどの各種ローンが利用出来なくなります。

自分名義でクレジットカードを作ることも出来ません。

そして、家を購入する際の住宅ローン申込みをしても住宅ローン審査に通りません。

よって、任意整理などの債務整理をすると、マイホームやマンション購入の際に住宅ローンを利用することが出来なくなるのです。

債務整理後のマイホーム、マンション購入方法

債務整理後は、マイホームやマンション購入しようとしても、住宅ローンが組めなくなることがわかりました。

では、債務整理後は一切マンションなどを購入することは出来ないのでしょうか。

この点そのようなことはありません。債務整理後は、ブラックリスト状態になるのでローンの利用は出来なくなりますが、ローンを利用しなければ物品を購入することは自由に出来ます。

もちろん不動産の購入も可能です。

よって、債務整理後にマイホームを買うときには、資金を集めて一括購入する方法であれば購入可能です。

ただ、実際には不動産は高額なので、一括払いで購入出来ることは少ないです。

この場合、住宅ローンを組みたければ、自分以外の配偶者や両親、兄弟などの家族名義で住宅ローンを組む方法が考えられます。

ブラックリスト状態になっても家族の信用情報には影響がないので、自分がブラックリスト状態でも夫や妻などは年収や勤続年数などの条件が足りていれば、住宅ローンを利用することが可能です。

よって、債務整理後に住宅ローンを利用してマイホームやマンション購入したい場合には、家族名義で住宅ローンを申し込むと良いでしょう。

任意整理後住宅ローンが組めるまでの期間

任意整理後にマイホームやマンションを購入する際、基本的には住宅ローンを利用出来ません。

ただ、事故情報も永遠に記録され続けるわけではなく、一定期間が経てば消去されます。

事故情報が消えれば、また自分名義でも住宅ローンを組んでマイホームやマンションを購入することが可能になります。

任意整理後の事故情報の記録期間は、完済後5年です。

よって、任意整理後の残金支払いを順調に続け、完済後5年程度が経過したら、また自分名義でも住宅ローンを利用出来るようになります。

このようにして、自分名義でローンを組んでマイホームやマンション購入をすると良いでしょう。

まとめ

任意整理などの債務整理をするとブラックリスト状態になって、住宅ローンの利用が出来なくなります。

この場合にマイホームやマンション購入するには、代金を一括払いするか、配偶者などの家族名義で住宅ローンを利用します。

任意整理では、完済後5年程度が経過すれば事故情報が消除されるので、また自分名義で住宅ローンを組んでマイホームやマンション購入が可能になります。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について