任意整理で消費者金融を元金のみ、元金だけ返済にできる?その仕組みは?

最終更新日:2020/04/08

驚き

消費者金融会社、クレジットカードのリボ払いなどの借金返済には高額な利息がついています。

これらの利息をカットや大幅減額して元金だけ、元金のみの返済にすることがもし出来れば、借金返済は楽になるはずです。

今回は、任意整理により借金返済を元本限りにすることができるのかを解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 任意整理手続きによって、高額な利息がすべてカットもしくは大幅減額されて、元金のみ、元金だけの支払いに抑えられる可能性が高い
  • 過払い金が発生している場合は、元金が大幅減額できたり、手元にお金が戻ってきたりすることもある。
  • 元本だけの支払いにしても借金返済が苦しい場合には個人再生や自己破産手続きによって、借金の元本そのものを減額したり免除してもらうことを検討する
  • 何の手続きが最善かは、本人だけで判断・実行することは困難。司法書士や弁護士に無料相談をするのがベスト

消費者金融の借金には高額な利息がついている

消費者金融などを利用することは多いです。自分だけでなく、家族が借金するケースなどもあるでしょう。

しかし、借金残高がかさむと支払いが苦しくなります。

そもそも貸金業者などでの借金には高額な利子利息がついています。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング契約の年利利率は年10%を超えていることも一般的です。

また、支払い予定日に返済出来ず滞納すると、通常金利よりもさらに高額な損害遅延金(延滞金)が加算されます。

借金返済が出来なくなると、信用保証協会や保証会社が代位弁済して、高額な遅延損害金をつけて一括払いの支払い請求書を送ってきます。

このように、借金返済の際には、元金だけ、元金のみというわけにはいかず、通常元本に加算された高額な利息支払いや遅延金支払いが加算されます。

これにより、請求書に記載される返済額が多額になり、借金返済が苦しくなるのです。

任意整理を行うと元本のみ返済にできる可能性が高い

借金返済が苦しくなる理由は、返済時には元金だけ、元金のみというわけにはいかず、元本以外に高額な利息がつくからであることはわかりました。

そこで、これらの利息支払いをカットできれば、借金返済は大幅に楽になるはずです。

実は、借金の利息をカットして元金のみ、元金だけ、またはそれに近い額の支払いにしてもらえる方法があります。それは、債務整理手続きの中での任意整理です。

任意整理では、債権者と直接交渉して借金額を確定し、確定した金額を3~5年程度の期間内に月々分割払いしていく内容の和解をします。

このとき、合意後の将来利息については全額カットもしくは大幅減額しますので、任意整理した場合には早く、計画通りに借金が完済出来るのです

たとえば残債務が200万円ある場合、年利10%なら年20万円の利息がつきますが、任意整理で元金のみの返済にしてもらった場合には、その20万円の支払いがすべて元本返済に充てられて元本が減ります。

これにより、早期に効率よく、楽に借金を完済することが可能になります。元本だけ、もしくはとても少ない利息のみがついた状態で3~5年で返済という条件なら、楽に借金を終わらせられるなと感じた方は多いのではないでしょうか。

過払い金が返ってくることも!

任意整理には、将来利息分をカットできるだけでなく過払い金が返ってくることがあるというメリットもあります。

過払い金とは払いすぎ利息のことであり、過去に利息制限法を超える高利率で取引していた場合に戻ってくるお金のことです。

任意整理を弁護士事務所(法律事務所)や司法書士事務所(法務事務所)などに相談・依頼して手続きをすすめていると、過払い金が発見されることがあります。

すると、借金返済に苦しんでいたはずなのに、過払金によって借金が大幅に減額できたり、逆にお金が戻ってくる可能性もあります。

以上のように任意整理には元金だけ返済すれば完済できることや、過払い金回収できることがあるというメリットがありますので、借金に苦しんでいるなら是非とも手続きしてみましょう。

元本のカットを求めるなら個人再生を考える

借金返済が苦しい場合に任意整理をすると、借金が元金のみ、元金だけもしくはそれに近い金額になって返済が楽になります。

しかし借金残額が多額になりすぎている場合、たとえ元本限りにしてもらってもなお借金返済が難しくなることがあります。

このような場合には、元本そのものをカットしてもらう必要があります。

この場合には、債務整理手続きの中でも個人再生自己破産手続きを執りましょう。

個人再生が認められれば借金を元本を含めて最大5分の1まで大幅に減額出来ますし、自己破産が認められれば借金を元本、利息、遅延金全部含めてすべて0にしてもらうことが可能です。

このような知識は必要ですが、最善の手続き・できる手続きは収支状況や債務状況によって変わってきます。「何の手続きを取るのが、あなたにとって最善か」を一緒に考え、実際にその方法で借金問題を解決するのが専門家の役割です。悩んでいる場合はすぐに、司法書士や弁護士に相談をしましょう。

まとめ

借金には高額な利息がついています。

支払いを遅延するとさらに高額な遅延損害金が加算されます。

任意整理手続きを執ると、これらの高額な利息がすべてカットもしくは大幅減額されて、元金のみ、元金だけの支払いに抑えられる可能性が高いです。

元本だけの支払いにしても借金返済が苦しい場合には個人再生や自己破産手続きによって、借金の元本そのものを減額したり免除してもらうことを考えましょう。

何の手続きが最善かは、司法書士や弁護士に無料相談をしてみましょう。この記事の最後にある無料診断も役に立ちますので、ぜひ試してみてください。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について