任意整理で生命保険解約?加入出来なくなることは?

最終更新日:2020/04/08

書類を見て悩む人

消費者金融会社などからの借金がかさんで返済が苦しくなったら任意整理手続きで解決する方法が有効です。

しかし任意整理をすると、加入している生命保険は解約しなければならないのでしょうか。

任意整理後生命保険に加入出来なくなるのかも心配です。

今回は、任意整理による生命保険への影響について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理しても生命保険解約の必要はない

借金返済が苦しい状態なら、弁護士や司法書士に相談依頼して任意整理で解決する方法が有効です。

しかし、任意整理をすると今加入している生命保険を解約しないといけなくなるのでしょうか。

この点、任意整理手続きを利用したとしても、生命保険解約の必要はありません。

任意整理では、債務者がどのような財産を持っているかについては問題にならないからです。

住宅や車、株券や預貯金など、どのような財産を持っていても手放すこと無く借金を整理することが出来る点が、任意整理のメリットです。

この点、債務整理方法の中でも個人再生法や自己破産手続きを利用すると所有する財産の内容が問題になります。

自己破産をすると基本的に財産をすべて手放す必要がありますので、生命保険(積立型)があれば、解約する必要が出てきます。

以上のとおり、任意整理では所有している財産内容は問題にならないので、生命保険に加入している状態で任意整理をしても、その生命保険が掛け捨て型か積み立て型かにかかわりなく、解約が必要になったり失われる心配はありません。

任意整理するとブラックリスト状態になる

任意整理をしても生命保険を解約する必要はありませんが、任意整理をするとブラックリスト状態になるというデメリットがあります。

任意整理をすると、自己破産歴がある場合などと同様、個人信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関などのローン審査に通らなくなってしまいます。

このことにより、住宅ローンやマイカーローンなどの利用も出来なくなりますし、自分名義でクレジットカード(クレカ)を発行することも出来なくなります。

このようにローン利用が出来なくなった状態のことを、俗にブラックリスト状態と言っています。

任意整理をすると、このブラックリスト状態になってしまうことは1つのデメリットとなります。

任意整理しても生命保険に加入出来る

任意整理をしてブラックリスト状態になると、生命保険会社(生保会社)の生命保険に加入することが出来なくなるのでしょうか。

任意整理をしても生命保険に加入することは可能です。

生命保険は貸付や融資とは異なるので、個人の信用情報とは無関係です。

信用情報に問題がある状態でも、健康状態や年齢制限などの条件に問題がなければ、問題なく生命保険に加入することが可能です。

積立型であっても掛け捨て型であっても、変わりはありません。

任意整理後すぐに加入することも可能ですし、任意整理手続き中に新たに生命保険に加入することも可能です。

任意整理しても契約者貸付は利用出来る

任意整理手続きを利用すると、生命保険の契約者貸付は利用出来なくなるのでしょうか。

任意整理をするとブラックリスト状態になるので、貸付の一種である契約者貸付は利用出来なくなるようにも思えます。

しかし、任意整理をしても生命保険の契約者貸付を利用することは可能です。

生命保険の契約者貸付は、純粋に生命保険の掛け金を担保としてお金を貸し付ける独自のサービスですので、個人の信用情報とは無関係だからです。

よって、任意整理後ブラックリスト状態であっても、生命保険の契約者貸付であれば問題なく利用することが可能です。

まとめ

任意整理をしても、生命保険を解約する必要はありません。

任意整理をしてブラックリスト状態になっても生命保険に加入することは出来ますし、生命保険の契約者貸付を利用する事も可能です。

これらは、生命保険関連のサービスが個人の信用情報とは無関係であることによります。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について