任意整理のスケジュールは?手続き開始から完済までの流れ!

最終更新日:2020/04/08

アコムなどの消費者金融会社やクレジットカードのキャッシング枠やショッピングのリボ払い、ローン会社、銀行ローンなどの借金返済がかさんで支払が苦しくなったら任意整理が有効解決方法であると言われています。

しかし、任意整理の具体的なスケジュールについては一般的にあまりよく理解されていません。

そこで今回は、任意整理の手続き開始から借金完済に至るまでのスケジュールについて、解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

まずは専門家に依頼して受任通知を送ってもらう

オリコや楽天カードなどのクレジット会社のクレジットローン、オートローンなどの借金残高がかさんで月々のローン返済が苦しくなったら、借り換えローンや特定調停を利用するよりも任意整理が解決方法としてメリットが大きいです。

任意整理のスケジュールプランは、まずは司法書士事務所や弁護士事務所などで手続きを相談依頼するところから始まります。

任意整理を依頼して、司法書士や弁護士といった専門家に着手金などの費用を支払うと、専門家は信用保証協会などの各債権者宛に受任通知を発送します。

この受任通知の送付をもって、信用情報機関にブラック情報が記録されてブラックリスト状態になります。

このことにより、事故扱いとなって金融機関での融資の審査やカード審査に通らなくなります。

会社員で年収(収入)や勤続年数が足りていても光熱費などの生活費のクレジットカード払いも出来ませんし、クレジット機能付きのETCカードも利用出来なくなり、デビットカードだけが利用出来る状態になります。

そして、受任通知が送られると、債権者は債務者に直接連絡が出来なくなりますので、借金の返済督促や電話や手紙による連絡通知が届かなくなります。

返済も一時的にストップします。

利息計算をして返済方法を和解する

任意整理のスケジュールにおいて、専門家が受任通知を債権者に発送する際、同時に取引履歴の開示請求を行います。

これによって、契約日から現在に至るまでのすべての取引履歴が開示されます。

取引履歴開示までの期間は各業者によってさまざまです。

専門家はこれを受け取ると、利息制限法に従って引き直し計算をします。

利息制限法を超過した取引があると、借金の額が大幅に減額されたり、過払い金が発見されることもあります。

過払い金があれば専門家は業者に対して、過払い金返還請求をします。

借金が残る場合には、残債についての返済計画案を作成して債権者に送付します。

債権者がこれに対する回答をしてくるので、話し合いを重ねて借金返済額や返済方法について合意が出来たら、その合意内容で和解書を作成します。

過払い金が回収出来た場合には、弁護士に対して過払い報酬金の支払が発生します。

合意内容に従って完済する

弁護士が間に入って任意整理手続きを行い、借金返済方法について和解が出来たとしても、任意整理のスケジュールはそこで終了するわけではありません。

任意整理後は残債が残る手続きですので、手続き後通常3年~5年の間和解金の返済が続きます。

この任意整理後の支払を完済して漸く任意整理のスケジュールは完了します。

もし任意整理後の支払を滞納したり返済が出来なくなると、任意整理は失敗して、個人再生や自己破産などの別の債務整理手続きを利用しないといけなくなりますので、注意が必要です。

任意整理のスケジュールを考える場合には、任意整理後の支払のスケジュール管理も極めて大切になります。

くれぐれも無駄遣いなどをして任意整理後の返済が出来なくならないよう、細心の注意をもって生活するようにしましょう。

まとめ

任意整理のスケジュールは、まずは弁護士に手続きを依頼します。

専門家は各債権者に受任通知を発送し、取引履歴を取り寄せて利息制限法に引き直し計算をします。

そうして借金額を確定し、返済方法について交渉して合意し、和解書を作成します。

和解書作成後は、その内容に従った返済が3~5年程度続きます。

任意整理後の支払を完済してはじめて任意整理のスケジュールが完了します。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について