任意整理で公務員などの仕事が制限される?ローン利用制限は?

最終更新日:2020/11/26

書類を見て悩む人

消費者金融会社やイオンカードなどのクレジットカード、フリーローンや消費者系、銀行系カードローン、信販系カードローンなどの借金がかさんで返済が苦しくなったら任意整理による解決方法が有効です。

しかし任意整理をすると、公務員などの仕事が制限されることはあるのでしょうか。

任意整理した場合にローン利用が制限されるのかどうかも心配です。

今回は、任意整理により職業や借り入れが制限されるのかについて、解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理で公務員などの仕事は制限されない

サラ金などの借り入れがかさんで多重債務者状態になり、月々の返済が苦しい場合、任意整理は有効な解決方法になります。

しかし、任意整理をすると、公務員や生命保険外交員などの仕事や就職が制限されることはないのでしょうか。

この点、任意整理によって仕事が制限されることはありません。

同じ債務整理手続きであっても自己破産の場合には、一定の職業が制限される資格制限があります。

たとえば弁護士や司法書士、社労士、税理士や警備員、生命保険会社(生保会社)の外交員などの職業が制限されることになります。

ただ、自己破産の場合であっても公務員は資格制限の対象になりません。

任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理は公務員の欠格事由にもなっていないので、任意整理をしても問題なく公務員試験を受けたり、公務員を続けることが可能です。

任意整理では、職業が制限されることは一切ないので安心です。

自己破産した場合の資格・職業制限について詳しくはこちら「借金を債務整理!自己破産しても公務員になれる?」

任意整理するとローン利用は制限される

任意整理をしても職業についての制限はありませんが、ローン利用には制限がかかってしまいます。

任意整理をすると、信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関やクレジットカード会社のローン審査に通らなくなってしまいます。

これにより、会社員で年収や勤続年数が足りていても住宅ローンやマイカーローン、教育ローンや学費ローン、銀行ローンや消費者金融のキャッシングなどが利用出来なくなります。

自分名義でクレジットカードを発行することも出来なくなり、携帯代金のクレジットカード払いも出来ません。カードを利用したい場合には妻などの家族名義のカードを使わせてもらうことになります。

このように借り入れが出来なくなった状態のことを俗にブラックリスト状態と言っています。

任意整理をするとブラックリスト状態になり、ローン利用が制限されるデメリットがあることには注意が必要です。

過払い金請求しただけでは制限状態にならない

任意整理をした場合、利息制限法に引き直し計算してみると、借金が過払いになっているケースがあります。

この場合、業者に対して過払い金請求をしますが、過払い金請求をした場合であってもブラックリスト状態になってローン借り入れが制限されるのでしょうか。

この点、純粋に過払い金請求をしただけの場合には、ブラックリスト状態にはなりません

もし間違って過払い金請求をしただけなのに事故情報が記録されてしまった場合には、信用情報機関に対して情報の訂正請求が可能です。

ただ、任意整理をする場合、相手先は複数であることが多いです。

この場合、1社は過払いでも他の会社には返済が残るケースも多いです。

このように、返済が残った場合には、たとえ1社が過払いであったとしても、やはりブラックリスト状態になって借り入れに制限がかかることを避けることは出来ません。

任意整理をしてもブラックリストによる制限がかからない場合というのは、すべての相手先に対して過払い金請求をしただけで終わった場合に限られるので、覚えておきましょう。

まとめ

任意整理をしても公務員などの仕事が制限されることはありません。

任意整理をすると、いわゆるブラックリスト状態になってローン利用が出来なくなるという制限が課されます。

ただし、任意整理の中でも過払い金請求をしただけの場合にはブラックリスト状態によるローン利用制限はありません。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について