任意整理の完済証明書とは?完済するとどこに送られてくる?

最終更新日:2020/04/09

弁護士に相談

プロミスやアイフルなどの消費者金融会社、楽天カードなどのカード会社や銀行系ローンカードなどの借金返済がかさんでしまったら、任意整理で解決する方法がおすすめです。

任意整理をすると手続き後数年間支払いが残りますが、任意整理の支払いを終えると「完済証明書」という書類が送られてくることがあります。

完済証明書とはいったいどのような書類なのでしょうか。また、どこに送られてくるものなのかも気になります。

今回は任意整理を完済した場合に送られてくる完済証明書について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

完済証明書とは

任意整理手続きを執ると、苦しい借金問題が劇的に解決出来ます。

任意整理なら、自己破産と違って金融機関からの住宅ローン借り入れがあっても自宅を守ることが可能です。

任意整理は、貸金業者などの債権者に取引明細情報開示を申請して、借金返済額と返済方法を話し合い、合意して和解書を作成する手続きです。

個人事業者でも正社員でも利用可能な手続きです。

任意整理は分割払いを前提とする手続きですので、過払いになっていた場合を除いて任意整理後は数年間返済が続きます。

返済を滞納すると、債権者から電話や手紙で遅延連絡がありますが、司法書士・弁護士に来る場合と債務者に直接連絡が来ることがあります。

そして、任意整理の最後の支払いをした時点で、借金がすべて支払い済みになったという扱いになります。

この完済時点において、「完済証明書」が送られてきます。

完済証明書とは、債権者が発行する書類で、借金を全額完済したという内容の証明書です。

完済証明書があれば、当該返済先において自分名義ではそれ以上借金返済義務がないということを証明することが出来ます。

なお、個人再生で再生計画案通りの支払いを終えたとしても、任意整理とは違って完済証明書は通常送られてきません。

任意整理でも、完済証明書ではなく、もともとの貸金業者との間の金銭消費貸借契約書の原本を送付してくる業者もいます。

消費者金融などの場合には契約書原本を返還してくることが多いですが、クレジットカード契約などの場合には契約書原本がないことが多いので、完済証明書が送られてくることが普通です。

完済証明書はどこに送られるのか

任意整理の支払いを終えた場合の完済証明書は、どこに送られてくるのかという質問がよくあります。

これに対する回答は、「依頼した事務所に届くケースと債務者の自宅に届くケースがある」ということになります。

任意整理後の支払いを司法書士や弁護士といった専門家に代行依頼しているケースなどでは、その専門家の事務所に届きますし、債務者が自分で支払いをして遅延連絡などの連絡先も債務者本人にしている場合には、完済証明書も債務者本人に届きます。

家族に秘密にしている場合の対処法

任意整理する場合、借金問題や任意整理手続きを執ったことを家族に秘密にしている場合があります。

この場合に、任意整理後支払いを終えて完済したときに、たとえばアイフルなどから自宅宛に完済証明書が送られてくると、家族に任意整理していたことがバレてしまいます。

よって、家族に借金を隠している場合には、完済証明書の郵送先は依頼している司法書士事務所や弁護士事務所にしてもらう必要があります。

完済証明書の送付先については、任意整理の和解時に債権者に対して要望を伝えることが可能ですので、任意整理時に、依頼している司法書士や弁護士に対し「完済証明書は事務所宛に郵送してもらってください」と希望を伝えておくと良いでしょう。

まとめ

任意整理すると和解後の支払いが残ります。

任意整理後の支払いを終えると、債権者から完済証明書が送られてくることがあります。

完済証明書とは、債権者が発行する書類で、借金を完済したという証明書のことです。

家族に内緒で任意整理した場合などは、完済証明書の郵送先を司法書士・弁護士事務所などに指定しておく必要があります。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について