任意整理の必要書類は?集める方法も知りたい!

最終更新日:2020/04/08

申告書類

消費者金融会社やカード会社、中央ろうきんや住宅ローン、マイカーローン、ショッピングローンなどの借金がかさんで返済が出来なくなったら、任意整理が有効な解決方法になります。

しかし任意整理をする場合には、たくさんの書類が必要になるのではないでしょうか。

今回は、任意整理の必要書類について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理の手続き方法と必要書類

サラ金やクレジット会社などからの借金がかさんで多重債務者状態になり、返済が苦しくなったら任意整理することが有効な解決策になります。

任意整理をする場合には、着手金などの弁護士費用を支払って弁護士事務所などに相談依頼することが多いです。

任意整理をする際には、どのような必要書類があるのでしょうか。

任意整理の必要書類は、任意整理の手続き方法と関わります。

任意整理をする場合には、各債権者と直接交渉をして借金の残額と残債務の返済方法を決め直して和解します。

この過程において、さまざまな書類が必要になります。

たとえば債権者への通知書や債権者から取り寄せる取引履歴明細書、返済の提案書、和解書などです。

ただし、これらは弁護士や司法書士がすべて用意してすすめてくれます。

任意整理を弁護士・司法書士に依頼している場合、自分で用意しなければならない必要書類は非常に少ないです。

このことは、裁判所を使う自己破産や個人再生よりも任意整理が容易な理由の1つでもあります。

ただし、自分で手続きする場合には、これらの書類をすべて自分で作成したり相手方から取り寄せたりする必要があります。

任意整理の必要書類

弁護士に聞けば教えてくれるとは言っても、任意整理の必要書類で依頼前に最低限集めておかないといけないものもあります。

任意整理をする場合、最低限相手方債権者が誰かがわからないといけません。

そこで、任意整理を弁護士・司法書士に依頼する際には、相手方債権者を特定する書類が必要になります。

たとえば消費者金融会社との契約書やキャッシング用のカード、クレジットカードや振込証、通帳の引き落とし記録や債権者からの郵便や督促状などです。

内容証明郵便が送られてきているときにはその書類、裁判を起こされている場合にはその訴状なども持参しましょう。

債権譲渡通知書や保証会社の代位弁済通知書なども必要です。

そして、これらの債権者について、簡単に自分で債権者一覧表を作成しておくと話がしやすいです。

債権者一覧表には、債権者名とそれぞれの連絡先、借入額、借金残高、月々の返済額などを記載しておくと良いでしょう。

これらの書類をそろえて弁護士事務所・司法書士事務所に相談に行くと、スムーズに任意整理の依頼手続きをすすめることが出来ます。

任意整理の必要書類を集める方法

任意整理の必要書類についてはだいたい理解できましたが、これらの必要書類はどのようにして集めれば良いのでしょうか。

任意整理の必要書類の集め方は、それほど難しくありません。

基本的には自分でとってある契約書や振込証などの記録と、債権者一覧表を作成するだけでOKです。

もし契約書などを紛失している場合には、契約書がなくても記憶に頼って債権者一覧表を作成してもかまいません。

ただ、自分でもどこから借入をしているかわからなくなっているケースがあります。

この場合には、信用情報機関に個人情報開示請求の申し込みをして、提出先からの回答を待ち、自分の借入記録を確認しましょう。

すると、どこから借入をしているかについて確認することが可能です。

このようにして、債権者を確認出来れば、最低限必要な書類がそろったと言え、任意整理手続きを進めることが可能です。

まとめ

任意整理を弁護士などの専門家に依頼した場合、自分で用意しなければならない必要書類は少ないです。

任意整理を依頼する際には、消費者金融との契約書や振込証などの記録、債権者一覧表などを用意しましょう。

どこから借り入れているかわからない場合には、信用機関に対して個人情報開示請求をして確認しましょう。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について