任意整理の月々の返済額はどのくらい?決め方は?

最終更新日:2020/04/08

弁護士に相談

アコムやモビットなどの消費者金融会社やクレジットカード会社、ショッピングローンやカードローン、おまとめローンなどの借金返済が苦しくなったら任意整理が有効な解決方法になります。

任意整理をすると手続き後に返済が残りますが、その月々の返済額はどのくらいなのでしょうか。

月々の返済額の決め方も知りたいところです。

今回は、任意整理後の月々の返済額について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理後は月々の返済が残る

任意整理をすると銀行ローンなどの借金問題が解決出来ることが多いです。

任意整理なら、住宅ローンがあっても自己破産のように家がなくなることもありません。

しかし任意整理をすると、司法書士費用や弁護士費用以外に、手続き後に債権者に対して毎月支払いをする必要があります。

これは、任意整理では債権者と交渉をして借金返済額を決め直しますが、このとき残債の支払いが残るからです。

手続き後は、この残った残債についての支払いをしないといけなくなります。

ただし、任意整理後の月々の返済額は、任意整理前の借金返済額よりも低くなります。

そうでないと任意整理をする意味がありません。

これは、任意整理によって借金の返済額そのものが減額できたり、支払期間を延ばすことができるからです。

任意整理をすると、債権者との和解後の将来利息の支払いをすべてカット出来ますし、支払期間も3年~5年程度にすることが普通です。

このことによって、たとえばそれまでの月々の返済額が8万円だったものが、4万円程度にまで減ることも珍しくありません。

月々の返済額の決め方

任意整理する場合の月々の返済額はどのようにして決定しているのでしょうか。

その決め方が知りたいところです。

任意整理する場合には、まず相手方業者から取引履歴を取り寄せて利息制限法に引き直し計算をします。

このことにより、借金の返済金額がわかります。

借金の返済金額が決まったら、それをだいたい5年以内で返済するように返済計画を立てます。

たとえば100万円の残債が残る場合であれば、3年払いにすれば月々の返済額は3万円弱ですし、5年払いにすれば月々の返済は1万7千円弱にまで落とすことが可能です。

債務者が月々どこまで返済可能かに応じて、返済期間と月々の返済額を調整するのです。

よって、任意整理の月々の返済額は、債務者の状況に応じてある程度自由に決めることが可能です。

任意整理後の月々の返済額について希望がある場合には、依頼する司法書士や弁護士に対して事前に「月々〇〇円以下にしてほしい」などの希望を現実的な範囲で伝えておくとスムーズに手続きがすすみます。

月々の返済が出来るかどうかが成功の分かれ目!

任意整理での月々の返済額の決め方はわかりましたが、任意整理ではこの月々の返済が非常に重要です。

いくら返済計画を立てて債権者と和解をしても、手続き後の返済ができなければ結局、任意整理は失敗してしまいます。

任意整理後の月々の返済が出来なくなったら、そのときは自己破産や個人再生をしないといけなくなることが多いです。

任意整理では、手続き後の月々の返済が出来るかどうかが成功の分かれ目だと考えると良いでしょう。

よって、任意整理後の月々の返済額を決める際には、くれぐれも無理をしないことが大切です。

3年や5年などの長期間に及ぶので、その間滞りなく確実に支払える金額を設定するようにしましょう。

月々の返済額を決める際、任意整理をするとローン申し込みをしてもローン審査が通らないブラックリスト状態になって、楽天銀行やSBI銀行などから借り入れすることも出来なくなるので、返済は必ず自分の給料などの収入からする必要があることにも注意が必要です。

まとめ

任意整理後の月々の返済額は、手続き前よりも低くなります。

任意整理後の月々の返済額の決め方は、まず借金返済額を決めて、その金額を5年以内くらいに返済することを想定して返済計画を立てる中で設定します。

ある程度自由に決められるので、希望の月々の返済額を事前に司法書士や弁護士に伝えておきましょう。

任意整理では手続き後の月々の返済が出来るかどうかが成功の分かれ目なので、月々の返済額を設定する場合には無理をしないようにしましょう。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について