任意整理は内緒で出来る!その方法と注意点は?

最終更新日:2020/02/26

家族にバレずに債務整理

楽天カードのリボ払いやキャッシング、クレジット会社、ローン会社、銀行系カードローンなどの借金する機会は多いですが、借金問題は旦那さんや妻などの家族や職場には内緒にしているものです。

借金返済がかさんで月々の収入からは生活費の支払いも苦しい場合、家族や職場に内緒で解決する方法があるのでしょうか。

任意整理する場合の注意点があればそれも知りたいところです。

今回は、任意整理を家族や職場に内緒ですすめる方法について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

借金が家族にバレるきっかけ

消費者金融やクレジットカード、おまとめローンなどの借金がある場合、ご主人や両親、子供などの家族や職場には内緒にしていることが多いです。

借金があるとお金がなくなり、給料やボーナスがあっても住宅ローンの返済も出来なくなることがあります。

このような場合に、借金問題を家族に内緒にしたまま解決する方法を考える際には、家族に借金がバレるきっかけについて知っておくことが大切です。

借金を内緒にしている場合、夫などの家族にバレるきっかけはどのようなものが多いのでしょうか。

家族に内緒にしている借金がバレるきっかけの多くは、債権者からの支払督促によるものです。

借金は、順調に計画通り返済している限りは、サラ金業者などの借り入れ先から特段通知が来ることはありません。

しかし、返済を滞納すると自宅や携帯電話宛に電話がかかってきたり、自宅宛に葉書や封書などで督促状が送られてきます。

この督促状を放置していると内容証明郵便で一括請求書が送られてくることもあります。

家族に借金を秘密にしている場合、このような債権者からの督促連絡を見られてバレてしまうことが多いです。

よって、借金問題を家族に内緒で解決したいなら、債権者からの督促などの連絡を止める方法を考える必要があります。

このときに、任意整理が大変有効です。

家族に内緒で任意整理する方法

具体的にどのような方法を執れば家族に内緒で借金問題を解決出来るのでしょうか。

この場合には、任意整理が大変有効です。

任意整理とは、債権者と直接交渉して借金返済金額と借金返済方法を決め直す手続きのことです。

任意整理手続きに入ると、債権者から債務者への直接連絡がストップすることになります。

ただし、それは任意整理手続きを司法書士や弁護士といった専門家に依頼した場合に限られます

弁護士や司法書士が任意整理手続きに介入すると、債権者らはすべての連絡を専門家を通じてするようになりますので、債務者本人に対して督促やそれ以外の連絡が来ることはなくなります。

自宅に電話もかかりませんし、葉書や封書などの郵便も届きません。

よって、債権者からの連絡によって家族に借金がバレることはなくなります。

ただし、家族に内緒で任意整理したい場合には、専門家とのやり取りの方法にも工夫が必要です。

法律事務所からの封筒などを自宅に送られると任意整理がバレてしまうおそれがあるので、専門家から連絡を受ける場合には、茶封筒を使ってもらって司法書士や弁護士の個人名で送ってもらうなどの工夫をしましょう。

職場に内緒で任意整理出来る!

自転車操業状態に陥っている借金問題を周囲にを内緒にしている場合、家族だけではなく職場にも知られたくないという人が多いです。

任意整理を職場に内緒ですすめることは出来るのでしょうか。

結論としては、任意整理を職場に内緒ですすめることは簡単です。

任意整理をしても職場に通知連絡されることはありません。

よって、職場からの借り入れがあってその借金を任意整理する場合でもない限り、通常の手続きをすすめているだけでは職場に任意整理はバレません。

借金問題を職場に内緒にしている場合でも、安心して任意整理手続きをすすめましょう。

まとめ

借金問題が家族にバレるきっかけは債権者からの督促通知が多いです。

任意整理を司法書士や弁護士といった専門家に相談依頼すると、債権者からの直接連絡がなくなるので家族に内緒で借金問題を解決出来ます。

その際、専門家との連絡方法も工夫しましょう。

任意整理をしても職場に連絡はいかないので、職場に内緒で任意整理することは簡単です。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について