任意整理後にまた借金!債務整理で解決出来る?

最終更新日:2020/11/26

カード

アコムなどの大手消費者金融会社などで借金がかさみ、生活費のお金までが苦しくなったら任意整理で解決する方法が有効です。

しかし、任意整理をしても、その後にまた借金してしまうことがあります。

この場合、債務整理などの方法で解決することが出来るのでしょうか。

今回は、任意整理後にまた借金した場合の解決方法について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理後にまた借金出来るのか?

自分や妻など配偶者が銀行系カードローンやクレジットカード、教育ローンやおまとめローンなどの借金返済額がかさんで月々の給料やボーナスなどの家計からは返済が出来なくなると、任意整理手続きによって解決することが多いです。

しかし、任意整理をしても、その後子供の幼稚園のためや、旦那さんと離婚したなどの事情で、また借金してしまう事態が考えられます。

そもそも、任意整理後に借金することが出来るのでしょうか。

任意整理をすると、CICや全国銀行協会などの信用情報機関に事故情報が記録されて、銀行等の融資の審査に通らなくなります。

よって、基本的には消費者金融やクレジットカード、信販会社や三菱UFJローンやカードローンなどの借金をすることは出来ません。

しかし、任意整理後のブラックリスト状態であっても、「ブラックでもOK」という業者であれば借金することが出来ますし、闇金(ヤミ金)からお金を借りる人もいます。

さらに、任意整理後の事故情報は、手続き後5年程度で消除されます。

よって、任意整理後5年くらいが経過すれば、また借金することが出来るようになるのです。

このようにして、任意整理後にもまた借金すること自体は可能です。

実際、パチンコなどのギャンブルにはまってまた借金してしまう人は結構います。

そして、再度借金することによって、新たな借金返済に追われることになってしまいます。

任意整理後に再度の任意整理は可能か?

任意整理後にまた借金が出来ることはわかりましたが、新たな借金返済が苦しくなった場合にはどのようにして解決すれば良いのでしょうか。

任意整理後に、再度任意整理することは出来るのでしょうか。

任意整理後、再度任意整理すること自体は可能です。

任意整理には、自己破産のように回数や期間に関する制限がないので、何度でも手続きを利用することが出来ます。

よって、任意整理後また借金してしまった場合には、再度任意整理を弁護士や司法書士に依頼して手続きしてもらう方法で解決することが可能です。

しかし、任意整理後の借金が多額になっていたり、債権者の中に任意整理の話し合いに応じない業者がいる場合には任意整理による解決は難しくなります。

たとえば「ブラックでもOK」とうたっている業者には、任意整理の話し合いに応じない業者もいるので問題になります。

任意整理後に他の債務整理が出来る

任意整理後にまた借金した場合、再度任意整理をして解決出来る可能性があることはわかりました。

しかし、任意整理後の借金額が多額であったり、話し合いに応じない債権者がいる場合には任意整理では解決出来ません。

この場合には、個人再生や自己破産などの別の債務整理手続きによって解決する必要があります。

任意整理後でも個人再生や自己破産などの別の債務整理手続きを利用することは可能です。

これらの手続きを利用すれば、任意整理で話し合いに応じない債権者がいたとしても、強制的に借金が減額されたり免除されることになります。

よって、任意整理後又借金してしまい、再度の任意整理では解決困難な場合には別の債務整理手続きによって問題を解決しましょう。

まとめ

任意整理後また借金することがあります。

任意整理後の借金返済が苦しい場合には、再度任意整理することも可能です。

話し合いに応じない業者がいる場合などには、個人再生や自己破産などの別の債務整理手続きを利用して解決しましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について