【持ち家を守れる債務整理とは】任意整理?あなたに最適な方法を解説!

最終更新日:2020/04/09

住宅 夫婦

クレジットカードのショッピングローンや銀行カードローン、マイカーローンなどの支払いがかさんでくると、生活が苦しくなります。

借金が返済出来なくなった場合には債務整理が有効だと言われています。

しかし、持ち家(マイホーム)がある場合に債務整理すると家がなくなるのではないでしょうか。

同じように車がなくなることも心配です。

そこで今回は、持ち家がある場合の債務整理について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 借金がかさみ対応しきれなくなった場合、完済の目処が立たない場合は債務整理で解決するのがベスト
  • 持ち家(マイホーム)を守りたい場合は任意整理か個人再生で解決できないか検討する
  • マイカーローン支払い中の車がある場合は、任意整理でマイカーローン以外の借金のみを選んで支払い負担を減らす

借金返済が出来ない場合は債務整理

今の日本では、とても簡単に借金ができる仕組みになっています。

クレジットカードは簡単に作れますし、ファミマTポイントカードなどクレジット機能付きのポイントカードも多いです。専業主婦でもカードローン利用は出来ますし、銀行ローン、オートローンなど各種のローンも組みやすく、高金利な消費者金融のキャッシングもあります。

このような各種ローンの利息は高く、支払いを続けても残債(残ローン)が減りません。

借金を続けていると、みるみるうちに借金額が膨らんでしまいます。

持ち家やマイホーム購入の際にも住宅ローンを組むことが多いです。

これらの借金がかさむと、たちまち返済が出来なくなります。

多重債務状態になって支払いができなくなれば、債務整理で解決するのがベストというケースが多いです。

債務整理には任意整理(過払い金請求)、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、弁護士や司法書士に依頼して適切な手続きをとればたいていの借金問題は解決出来ます。

任意整理や個人再生なら持ち家が守れる可能性大

債務整理すると、持ち家やマイホームを手放さないといけなくなるのではないかと心配する人が多いです。

この点、まず任意整理をすることによって家を手放すことはありません

任意整理は対象債権者を選べるので、住宅ローン以外の債権者だけを整理対象として住宅ローンはそのまま支払えば良いからです。

個人再生の場合も、住宅資金特別条項という住宅ローン特則を使い裁判所で認められれば、住宅ローンはそのまま支払ってその他の借金だけを減額し、持ち家を守ることが可能です。

これらに対して、自己破産手続きをすると、破産者本人の個人名義の財産は手放すことになります。

住宅ローン支払い中であっても支払いを終えている場合であっても、基本的には住宅を失うことになりますので注意が必要です。

ただ、家が父親や配偶者名義などになっていて、自分名義ではない場合には、自己破産などの債務整理をしても持ち家を失わずに済みますし、自分が連帯保証人になっている場合でも主債務者がきちんと支払いを続けている限りは大丈夫です。

このように、自分名義になっているマイホームを守りたい場合には任意整理や個人再生による債務整理手続きを執るのがベストです。

ただ、必ずしも自分が希望する手続きをとれるとは限りません。

借金総額が大きすぎて任意整理では払いきれない、個人再生の条件に当てはまらないなどの可能性があります。

司法書士や弁護士などの、債務整理の専門家にまずは相談し、状況をみてもらい、何の手続きをとれば確実に生活が立て直せるか相談しながら決めていくことになります。

マイカーローンがある場合の車は任意整理で守る

類似の問題でマイカーローンがある場合の車の問題があります。

車を守りたい場合には任意整理がベストです。

先に説明したように、任意整理ならば対象とする債権者を選べるので、マイカーローンの債権者以外の借金だけを整理して、そのまま車のローンを支払っていれば車を守ることが出来ます

これに対し、個人再生や自己破産では、マイカーローンの支払いも減額や免除の対象になってしまいます。

マイカーローンの場合、使用者は自分や配偶者であっても所有者(所有名義)はローン会社にとどめられていることが多いです。

この場合に、マイカーローンについて債務整理が入ると、ローン会社は自動車を引き上げてしまいますので、自動車は失うことになってしまうのです。

マイカーローンがあって車を守りたい場合には、まず任意整理でマイカーローン以外の借金のみを整理する方法で解決できないか検討してみましょう。

なお、債務整理をすると信用情報に事故情報が記録されて、その後約5~7年の間、住宅ローンなどの各種ローンを組めなくなりますので注意が必要です。

まとめ

現代日本ではとても簡単に借金ができて、借金額がかさみがちです。

持ち家(マイホーム)を守りたいときには任意整理や個人再生による債務整理を検討しましょう。

マイカーローンを支払っている車があるときには、任意整理がベストです。

ただ、債務整理の中でも何の手続きが最善かは、司法書士や弁護士などの専門家と相談して決めることになります。どうすれば状況が改善できるか、まずは無料診断や無料相談を行ってみるのがおすすめです。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について