【債務整理について無料メール相談をする方法】相談の際の注意点も解説

最終更新日:2020/04/08

頼れる弁護士・司法書士

生活が苦しい時に、友人から借用書を作って借金したり、消費者金融会社やローン会社などから借金することがあります。

借金返済が厳しくなった場合など、弁護士や司法書士に相談したいところですが、いきなり法律事務所に電話をかけることに抵抗がある人も多いです。

そこでまずはメール相談が出来ないものでしょうか。

今回は、弁護士にメール相談する方法とメール相談する場合の注意点を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • インターネットで調べると、債務整理に強い事務所がどこか、無料で相談できるかなどがわかる。またメール相談フォームにも簡単にたどり着ける
  • メール相談はなるべく複数の事務所にする
  • メール相談したあとは、なるべく早いうちに直接面談に行って問題を解決する

債務整理について弁護士・司法書士にメール相談する方法

借金問題の悩みはさまざまです。自分や妻、親などの家族がプロミスなどの消費者金融を利用していて、給料があっても月々の借金返済が出来なくなり、携帯代や生活費にも困っている状況の場合もあるでしょう。

自宅マンションなどの住宅ローンの悩みもあるかもしれません。

借金返済を滞納したので内容証明郵便などで督促や支払い催促の一括請求書が届いており、訴訟や取り立てが不安だという人もいるでしょうし、借金を長期にわたって返済していないので時効援用が出来ないか気になっている人もいるでしょう。

このような借金返済にまつわる悩みは、弁護士・司法書士にメール相談することが出来ます。

しかし、メール相談はどのような弁護士も受け付けているわけではありません。

料金もかかる事務所とかからない事務所があります。

弁護士に借金問題をメール相談するには、まずはインターネットサイトでメール相談できる弁護士を検索して調べてみましょう。

「メール相談 借金返済」などで検索すると、複数の司法書士事務所や弁護士事務所紹介サイトがヒットします。

この中で、自分の気に入った事務所にメール相談してみるのがおすすめです。

メール相談する場合には「複数の事務所で相談する」

借金返済にまつわる問題を弁護士にメール相談する際、いくつか注意点があります。

1つ目は、メール相談する場合には、複数の事務所にメール相談するのがよいということです。

メールの場合、どうしても面談や電話に比べてこちらの説明もわかりにくくなりますし、相手からの返信、返事内容もあいまいになります。

メールでの情報のやりとりは、面談や会話と比べてかなり不正確になってしまうのです。

メール相談の場合には、このようにお互いの情報が不正確になるデメリットがありますので、利用する場合には複数の意見をもらうことが大切なのです。

もし1つの事務所でしかアドバイスをもらわない場合、その事務所が何か勘違いをしていたり、自分がメールの読み違いをしていると間違った内容を受け止めてしまうことになってしまいます。

よって、メール相談する場合には複数の事務所に相談すると良いということを覚えておきましょう。

メール相談する場合には「その後、なるべく実際に相談に行く」

借金返済が苦しい場合のメール相談を利用する場合、もう1つ注意点があります。

それは、メール相談後債務整理が必要とわかれば、実際に無料相談に行くことです。

メール相談をして問題点が理解できたとしても、それだけでは何も解決しないことが多いです。

債務整理が必要だとわかったところで、実際に債務整理手続きを執らないと状況は改善しません。

ところがメール相談した場合、それで何となく達成したような気分になってしまい、借金問題を放置してしまう人がときどきいます。

これでは何も解決しないので、メール相談で自分のかかえる問題点が理解できたら、なるべく早いうちに実際に面談での無料相談を受けることが大切なのです。

まとめ

借金返済が苦しい場合などの借金にまつわる問題については、弁護士や司法書士にメール相談が出来ます。

メール相談したい場合には、インターネットサイトでメール相談を受け付けている弁護士事務所・司法書士事務所を探しましょう。

メール相談を利用する際には複数の事務所に相談すること、メール相談後にはなるべく実際に相談に行くことが大切です。

こちらの無料診断を行うと、相談が必要な場合無料で相談できるフォームに入力できます。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について