借金返済する場合には優先順位がポイント!優先順位の付け方は?

最終更新日:2020/04/09

借金返済が苦しい

プロミスなどの消費者金融会社やカード会社、クレジットカードのキャッシングリボやショッピングリボ払い、フリーカードローンなどを利用して、借入先が複数になることは多いです。

借金返済がかさんだ場合になるべく楽に完済するには、借金返済に優先順位をつけることがポイントなります。

では、どのような基準で借金返済に優先順位をつければよいのでしょうか。

今回は借金返済における優先順位の付け方を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

借金返済の利率に注目

借金の種類はさまざまです。消費者金融やローン会社、信用金庫カードローンや三菱東京カードローン、奨学金や住宅ローン、車ローンなどもあります。

このように複数の借入先からお金を借りてしまい、借金返済がかさんできた場合には、返済方法をしっかり考えないといけません。

借金は年利が高いので、油断しているとたちまち借金残高が増えてしまいます。

すると、仕事での手取り給料やボーナス、残業代などがあっても光熱費やアパートの家賃、交際費や携帯代、保険金や生活費、結婚していた妻と離婚・別居した場合の子供たちへの養育費などの支払関係に対処出来なくなり、任意整理や自己破産などの債務整理手続きを執らないといけない状態になってしまいます。

このような状況にならないためには、借金に優先順位をつけて返済していく方法がおすすめです。

借金返済に優先順位をつけるときには、借金の利息に注目しましょう。

借金は利息部分を支払っていても元金が減らず、まったく完済に近づくことは出来ません。

借金の利息は支払うだけ無駄なお金なのです。

よって、借金返済がかさんできたら利率の高い借金を優先して、先に完済してしまう必要があります。

利率の高い借金をより低い借金に借り換えることも有効です。

たとえば消費者金融のキャッシングよりも銀行系カードローン年利の方が低いことが多いです。

ただ、多重債務者状態になっている場合におまとめローンや借り換えローンで借金を一本化したからといって、必ずしも借金返済が楽になるとは限りません。

ここで問題にしている「優先順位」や年利の問題は、まとめローン年利ではなくあくまで個別の借金返済における問題ですので注意しましょう。

借入額に注目

借入金額がかさみ、借金返済に優先順位をつけるときには、その借金の借入額にも注目する必要があります。

同じ年率でも、借金額が大きければ大きいほど、支払い利息の金額が大きくなってしまうからです。

借金額の大きな借金がなくなれば、その分利息の支払いも経るので完済への道が近づきます。

よって、複数の借金がある場合、なるべく借金額の大きな借金を優先的に返済しましょう。

金額の大きな借金を早く完済するには、繰り上げ返済などを利用してまとめて返済していくことが有効です。

貯金や退職金、臨時収入などがあれば、それらを一部借金返済に充てても良いでしょう。

ただ、住宅ローンは借入金額やローン残債が高いのが普通ですが、利率が非常に低く他の借金とはいろいろな面で性格を異にする借金なので、優先的に早く返済する必要はありません。

ここで問題にしている借金は、住宅ローン以外の消費者金融やカード会社のローン残債などの問題ですので、注意しましょう。

不動産担保ローンの注意点

借金返済の優先順位を考える際、不動産担保ローンに注意する必要があります。

確かに不動産担保ローンは、担保無しの借入よりも利率が低いことが多いですが、不動産担保ローンには、いろいろな危険があります。

たとえば返済を滞納すると、担保物件である不動産が競売にかけられて売却されてしまいます。

たとえば自宅を担保に入れている場合、自宅を失うことになってしまうのです。

また、不動産担保ローンを利用していると、住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用した個人再生も利用出来ません。

このように不動産担保ローンにはいろいろな問題があります。

確かに利率は低いかも知れませんが、もし利用してしまっている場合には、なるべく優先的に返済した方が良いでしょう。

まとめ

借金返済の優先順位を考える際には借金の利息がポイントになります。

借金返済の際にはなるべく利率の高い借金や、借入総額の大きな借金を優先的に返済しましょう。

住宅ローンは優先して返済する必要はありませんが、不動産担保ローンは利率が低くても危険性が高い借金なので優先的に早めに返済すべきです。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について