借金返済のために不動産を利用出来る?不動産担保ローンとは?

最終更新日:2020/11/05

住宅 夫婦

カード会社などからの借金も、借入額がかさんでくると借金返済が苦しくなります。

借金返済に不動産を役立てることは出来ないのでしょうか。

不動産担保ローンを勧められることもありますが、これはいったいどのような借金で、デメリットはないのでしょうか。

今回は借金返済に不動産を利用する場合と不動産担保ローンの危険性について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

借金返済で不動産を担保に入れる

生活費や子供達の学費などのお金が足りず借金して、借り入れがかさむと支払いが苦しくなります。

自己破産をして生活保護申請するなどの方法もありますが、不動産を所有している場合など、借金返済に家やマンションなどの不動産を役立てることは出来ないのでしょうか。

何かアドバイスがほしいところです。

実際、不動産が借金返済と関わることはあります。

家賃収入があればそれを借金返済に充てれば良いですが、それ以外に多いのは、不動産を借金の担保に入れる場合です。

不動産への担保設定のことを抵当権と言います。

自宅土地建物などの不動産に抵当権設定をすると、借金返済が出来なくなった場合にその不動産を競売にかけ、その売却金額から税金などを引いた金額をローン残高に充てて借金返済することになります。

当然その不動産は無くなります。

たとえば住宅ローン審査を受けて家ローンを組む場合には購入した自宅に抵当権設定がなされるのが普通です。

この場合、住宅ローン残債が無くなれば抵当権を抹消することが出来ます。

不動産を借金返済の担保に入れる場合、その不動産の名義は債務者名義のものに限らず、夫名義や実家の父名義、友人名義の物件でもかまいませんし、不動産の所有者がパート勤務でも無収入でもかまいません。

この場合、支払いが出来なくなったら当該他者名義の不動産が競売にかけられることになります。

このように不動産などの物を担保に入れることを物的担保と言います。

これに対し、父親や両親などの保証人をつけることを人的担保と言います。

どちらも借金返済が滞った場合に備えた措置である「担保」の一種です。

不動産担保ローンとは

借金返済がかさんで自転車操業状態になった場合などには不動産担保ローンをすすめられることがあります。

銀行のおまとめローンを利用する際に不動産への担保設定を求められることもよくあります。

不動産担保ローンとは、借り入れをする際に不動産に担保設定をするタイプの借金のことです。

担保がある分、他の借金よりも年利利率が低くなっている場合が多く、借入限度額も他の借金より高いことが多いです。

不動産担保ローンを利用するには通常の場合年収などの審査を通過する必要があります。

ただ、不動産担保ローンには危険もあります。

借金返済が出来なくなったらすぐに不動産を競売にかけられてしまうので、その不動産は無くなります。

また、住宅ローン支払い中の自宅に抵当権設定をして不動産担保ローンを利用していると、個人再生の住宅ローン特則が利用出来ないことがあります。

住宅ローン特則は、住宅ローン債権者以外の債権者による抵当権設定があると利用出来ないからです。

このように、不動産担保ローンは利息が低いなどの利点もありますが、危険も多いのでなるべく利用すべきではありません。

車ローンの場合は?

借金返済のために不動産を担保に入れることについては、実は車のローンにも似た方法があります。

車をローンで購入した場合、使用者は自分自身や夫などであってもローン完済までは所有者名義がローン会社になっています。

ローンを完済した時点ではじめて名義変更が出来、ご主人名義などにすることが出来るのです。

もし途中で借金返済が出来なくなったらローン会社が車を引き上げてしまうことになります。

車には「抵当権」を設定出来ないので、このように名義をローン会社にとどめる方法(所有権留保)によって借金返済を担保するのです。覚えておきましょう。

まとめ

借金返済のために不動産を利用する典型例は、不動産への抵当権設定(担保設定)です。

この場合借金返済が出来なくなると不動産が競売にかけられて売却金から借金返済をします。

これを利用した不動産担保ローンは、借金返済が出来なくなると不動産を手放すことになりますし、個人再生の住宅ローン特則が利用出来なくなるというデメリットがあるのでおすすめではありません。

車のローンにも不動産の抵当権と類似した方法として所有権留保があります。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について