借金返済は銀行で一本化より弁護士に相談が正解?メリットデメリットを比較!

最終更新日:2020/04/08

銀行と弁護士

消費者金融会社やOMCカード、イオンカードなどの信販カード、クレジットカード会社のショッピングローン、マイカーローンや楽天カードローンなどのカードローン会社や三井住友カードローンなどのローン類がかさむと、自分でもどこからどのような借入があるのか把握できなくなります。

これでは借金返済どころではありません。

多重債務者の自転車操業状態になった場合、銀行おまとめローンでの一本化と弁護士・司法書士に依頼して債務整理する方法がありますが、どちらがおすすめなのでしょうか。

今回は、銀行で借金一本化する方法と、専門家に依頼して債務整理する方法を比較します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 銀行で借金を一本化するメリット:多少金利が安くなる・管理がしやすくなるということ
    デメリット:銀行も金融機関なので一本化してもそれなりの利息を払う必要がある・借金が倍増しがちということ
  • 弁護士・司法書士に相談し債務整理を行うメリット:借金を根本的に解決できるということ
    デメリット:ブラックリスト状態になるということ
  • 一度銀行で借金一本化を行い、やはり返済が苦しいと弁護士・司法書士に相談する人も多い。確実に立て直したい場合は債務整理が得策

銀行での借金一本化のメリットデメリット

サラ金のキャッシングやアプラスなどの信販カード会社や自動車ローン、銀行カードローンなどの借金がかさむと自分でも管理出来なくなることがあります。

他にも住宅ローンの返済もありますし、生活費も捻出しないといけないので、かさんだ借金は大きな負担になってしまいます。

借金がかさんで多重債務状態になると、1社から借りて別の1社に返すという自転車操業状態になることがありますが、このような状況に陥ったらどのような方法で借金返済すれば良いのでしょうか。

一つ目の方法として、弁護士や司法書士を使わずに銀行で借金一本化する方法があります。

これは、これまでの複数の借入先の借金を、新たに銀行から借り入れたお金で一括弁済し、あとはその新たな借入先銀行だけに返済していくという方法です。

利用の際には銀行から借り入れるので、おまとめローン審査を受けないといけません。

一本化によって、従来よりも多少金利が低くなることが多く、また借金返済先が一本化されるので借金が管理しやすくなり、返済計画も立てやすくなる等のメリットがあります。

ただ、一本化しても結局それなりに高い年率の利息を支払う必要はありますし、結局以前の借入先から再度借入をしてしまうことも多いので、借金が倍増しがちであるというデメリットもあります。

債務整理した人の中には、「おまとめローンを利用しなければよかった」という意見もあります。

専門家に依頼して債務整理するメリットデメリット

借金合計額がかさみ、多重債務状態となって月々の借金返済が苦しい場合の解決法として、銀行での一本化以外に、弁護士や司法書士に依頼して債務整理する方法があります。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがありますが、適切な手続きを選択すればたいていの借金問題は解決出来ます

違法なヤミ金も専門の弁護士司法書士であれば適切に対処してくれますし、過払い金があれば回収手続きもできます。

ただ、債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が記録されて、銀行等の融資の審査に通らなくなるブラックリスト状態になってしまいます。

仕事をしていて年収や勤続年数が足りていても、借り入れが出来ず、自分名義でクレジットカードを作ることも出来なくなるので、家族名義のカードを使わせてもらうしか無くなります。

このように、弁護士に債務整理を依頼した場合にもメリットとデメリットがあります。

借金問題の根本的な解決方法は弁護士・司法書士に依頼すること

結局、借金返済が苦しい場合は、銀行での借金一本化か弁護士依頼のどちらを選べば良いのでしょうか。

この点、銀行で借金を一本化しても結局は借金の借り換えにすぎず、借金問題の根本的な解決にはなりません。

それどころか借金が倍増するリスクすらあります。

これに対し、弁護士や司法書士に債務整理を依頼した場合、ブラックリスト状態にはなりますが、借金問題を根本的に解決出来ます

よって、借金返済が出来ずに苦しんでいる場合には、専門家に相談してアドバイスを受け、適切な債務整理手続きを執ることが最適です。

まとめ

借金返済がかさんで多重債務状態になり苦しい場合の解決法は、銀行で借金を一本化する方法と弁護士に債務整理を依頼する方法があります。

銀行で借金を一本化するメリットとして、多少金利が安くなる・管理がしやすくなるということがあります。デメリットとしては、銀行も金融機関なので一本化してもそれなりの利息を払う必要がある・借金が倍増しがちということがあります。

弁護士・司法書士に相談し債務整理を行うメリットは借金を根本的に解決できること、デメリットはブラックリスト状態になることです。

借金の総額や返済計画によって、自分にとってどちらが最善かを判断するのが良いでしょう。

ただ、銀行で借金を一本化しても借金問題の根本的な解決にはならないことがほとんどなので、多くの場合は弁護士・司法書士に依頼して債務整理するのが効果的です。

こちらから、あなたは債務整理をしたほうがいいのか・借金が減額できるかなど無料で診断ができます。お悩みの場合、まずはこちらを試してみましょう。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について