債務整理でボーナス払いはできる?メリットデメリットは?

最終更新日:2020/04/09

消費者金融や貸金業者などからの借金返済が苦しい場合、債務整理をすると有効に解決出来ます。

債務整理の中でも自己破産なら手続き後支払いは残りませんが、個人再生や任意整理の場合は手続き後支払いが残ります。

この支払い計画において、ボーナス払いを組み入れることは出来るのでしょうか。

ボーナス払いのメリットやデメリットも気になります。

そこで今回は、債務整理のボーナス払いについて解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

任意整理や個人再生でボーナス払い出来る?

弁護士事務所(法律事務所)や司法書士事務所(法務事務所)に依頼して債務整理をすると、高金利の消費者金融のキャッシングやクレジット会社のショッピング債務、フリーローン、銀行カードローン、おまとめローンなどの借金がかさんでいても返済が楽になります。

個人再生なら自動車ローンや住宅ローン支払い中でも住宅を守って他の借金だけ減額することも可能ですし、車などの財産も守れます

任意整理や個人再生をすると、手続き後数年の期間支払いが残る状況になりますが、この支払い計画においてボーナス払いを取り入れることは出来るのでしょうか。

この質問に対しては「できる」という回答になります。

ボーナス払いとは、月々の返済額を抑えてボーナス月に多めに支払う方法ですが、任意整理でも個人再生でもこのボーナス払いによる支払い方法を採用することは可能です。

会社に勤務する給与所得者などで手取り月収が少なく、普段の月は通信費や子供の学資保険などの生活費でいっぱいいっぱいな状態の人が利用することが多いです。

ボーナス払いのメリット

ボーナス払いを利用すると、月々の支払い金額を抑えられるというメリットがあります。

先にも述べましたが、普段の月は収入をすべて生活費に充ててしまうので、支払いにまわす余裕がない場合などには利用しやすいです。

夫の収入が少なくても、妻や母親のパート収入などがあって、生活費に余裕がある場合であれば、ボーナス払いを利用すると毎月少しずつでも貯金に回す余裕も出てきます。

月々の支払いに足して年2回程度のボーナス払いを組み入れることによって、返済計画が変わり支払期間(返済期間)を短くすることも出来ます。

ボーナス払いのデメリット

ボーナス払いにはデメリットもあります。

それは、何か問題が起こった場合に対応しにくいということです。

任意整理や個人再生にもとづく支払いは数年間に及びますので、その間にどのような予想外の出費があるかわかりません。

子供が突然高額な私立高校や大学、専門学校等を希望するかも知れませんし、家族の誰かが保険のきかない病気にかかる可能性もあります。

ボーナスは、このように何かあった場合のためにプールしておくことが望ましいのです。

また、ボーナスは変動が激しく、支給されなくなることもありますので、これに頼ることはリスクが高いです。

ボーナス払いはおすすめでない

ボーナス払いは結果として得なのでしょうか、それともおすすめではないのでしょうか。

この相談に対する弁護士である私のアドバイスとしては、「ボーナス払いはおすすめではありません」ということになります。

というのも、任意整理にしろ個人再生にしろ、支払い開始後の将来利息はつかないので、早く支払いを終えたからと言って総返済額自体は変わらないからです。

ボーナス払いを利用して早く返済したからと言って、支払額(返済額)は同じなので、得にはなりません。

先に説明したように、ボーナス払いには高いリスクがあります。

よってボーナス払いをして支払いを早めるくらいなら、その分支払期間(返済期間)を延ばした方が良いと言えます。

このようなことからボーナス払いはおすすめではありません。

まとめ

任意整理や個人再生手続きをする場合ボーナス払いを利用できます。

ボーナス払いは、月々の支払いを抑えられるというメリットがありますが、ボーナスには変動がありますし、何かあったときに対応しにくくなるなどのデメリットもあります。

個人再生や任意整理では将来利息がカットされることを考えれば、ボーナス払いはおすすめではありません。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について