債務整理で借金減額交渉したい!減額出来るのはどんな場合?

最終更新日:2020/10/01

計算機と書類

金融業者・貸金業者などからの借金返済が出来ず支払いが苦しい場合には、債務整理が有効な解決方法になります。

債務整理は借金を整理する手続きですが、債務整理において借金の減額交渉をする手続きがあります。

それは任意整理です。

ただし、任意整理では、どのような場合でも減額交渉が出来るわけではありません。

そこで今回は、任意整理で借金の減額交渉ができる場合について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 債務整理の中でも、任意整理を行えば減額ができる可能性がある。個人で行うのはかなり難しいので、弁護士や司法書士などの専門家に相談・依頼すべき
  • 借金の減額交渉ができるのは、過払金が発生していた場合や一括返済ができる場合
  • どちらも見込めない場合でも、任意整理には将来分の利息カットもしくは大幅減額できるというメリットがある

任意整理で減額交渉する方法

消費者金融会社のキャッシングやクレジット会社のクレジットカード債務、自動車ローンや金融機関からの借金などがかさんでくると、借金額(借金総額)が多くなり支払いが苦しくなります。

借金を滞納すると、高額な遅延損害金(遅延金)が加算される上、借金が債権回収会社に債権譲渡されてしまうこともあり、残金を一括請求されてしまうことも普通です。

こうなってくると到底借金の支払いを継続していくことは困難になります。

このような場合には、債務整理手続きを利用して借金問題を解決するべきです。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の種類がありますが、中でも任意整理は債権者と直接交渉する方法であり、その手続き内において債権者と借金返済額の減額交渉をすることがあります

借金している債務者本人が債権者と直接減額交渉をすることは、相当の困難を伴います

任意整理で減額交渉したい場合には弁護士事務所(法律事務所)や司法書士事務所(法務事務所)に行って、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すべきです。

ただ、専門家に依頼しても必ず減額ができるという訳ではありません。まずはこれまでの実績などから、借金が楽になる見込みがあるか、どのような方法が最善か、無料相談をしてみましょう。

この記事の最後にある無料診断を行うと、債務整理で解決できそうか・減額できそうかが診断できます。必要であれば借金問題解決の実績が豊富な事務所に無料で相談もできますので便利です。

実際に手続きを行う場合、弁護士費用や司法書士費用として、着手金や成功報酬金などの費用がかかりますが、それらは必要経費と考えましょう。多くの事務所では費用の分割払いが可能です。

費用分割について詳しくはこちら:任意整理の費用が払えない!分割はできる?【債務整理】

過払い金が発生している場合

任意整理で借金の減額交渉が出来ると言っても、どのような場合でも出来るわけではありません。

減額交渉が出来るのは、一つには過払い金が発生している場合です。

過払い金とは、利息制限法を超える高金利で取引している場合に発生する払いすぎ利息のことですが、過去消費者金融やクレジット会社はかなりの高利率でお金を貸し出していたので、古い取引がある場合には過払い金が発生していることがあります。

このようなケースで任意整理をすれば、その過払い金の分は減額してもらうよう減額交渉が可能です。

借金の残高よりも過払い金の方が多い場合には、借金を返済しなくて良いどころか、逆にお金が返ってくることもあり、大きな利益となります。

過払い金請求には時効もありますので、早めに対処することが肝要です。

債権者と話し合いが成立せず、時効期間が経過してしまいそうな場合には、簡易裁判所で裁判を起こして過払い金請求をすれば、時効を中断することが可能です。こちらも、必要な場合は司法書士や弁護士などの専門家が対応してくれます。

一括返済する場合

過払い金回収分がなくても任意整理で借金を減額交渉できる場合があります。

それは、借金の残高を一括返済する場合です。

任意整理手続きでは、通常3~5年程度の月々の分割払いになることがほとんどです。

これを一括返済してくれるということは、債権者にとっても大きなメリットになります。

よって、借金の一括返済を条件とすることで、借金返済額については減額してもらうという減額交渉が可能になるのです。

こちらももちろん、個人で行うよりは専門家に対応してもらう方が減額率は大きいはずですが、借金総額などによってもどちらが得なのかは変わってきますので、専門家にまず無料相談するのがベストです。

過払い金も一括返済も見込めない場合でも、任意整理を行うとほとんどの場合将来分の利息のカットもしくは大幅減額ができます。利息のせいでなかなか借金が減らないと感じている方にはそれだけでも大きなメリットがあります。

まとめ

債務整理の中でも任意整理をする場合、借金の減額交渉が可能です。

減額交渉出来る場合は、過払い金が発生している場合や借金の一括返済を提案する場合などです。

もしどちらも見込めない場合でも、任意整理には将来分の利息カットもしくは大幅減額できるというメリットがあります。

借金の減額交渉をしたい場合は、まず司法書士や弁護士などの専門家に無料相談をしてみましょう

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について