債務整理したら携帯(スマホ)の分割購入が出来なくなるって本当?

最終更新日:2020/04/13

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
代表弁護士 樋口 卓也

弁護士法人サンク総合法律事務所 代表 樋口 卓也

驚き

クレジットカードのキャッシング(カードローン)やリボ払い、銀行のローンなどがかさんで支払いが出来ない状態なら、債務整理で解決できるかもしれません。

しかし、債務整理すると携帯電話・スマホが強制解約されたり、キャリア変更や機種変更の際に分割払いが出来なくなったりすることはないのでしょうか?

今回は、
債務整理による携帯電話契約への影響や、機種変更の際の携帯分割払いの審査について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 債務整理しても携帯電話の利用自体には問題はない
  • ただし、債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されるため、携帯電話・スマホ本体(携帯端末)の購入費用を分割払い出来なくなる
  • 機種代が高く一括で購入できない場合の対処法
       ① 家族の名義で契約してもらう
       ② 格安携帯(スマホ)会社を利用する
       ③ 中古の携帯電話を購入する

債務整理しても携帯電話の利用は出来る

債務整理をすることによって携帯電話が強制解約されたり、新規契約出来なくなったりすることはあるのでしょうか。
債務整理について詳しくはこちら:債務整理とは?任意整理、個人再生、自己破産の費用とメリット・デメリット〜債務整理で借金生活から脱却する!〜

こちらについては、「債務整理をしたとしても、そのことだけが理由で携帯電話が利用出来なくなることはない」と考えて良いです。

基本的に携帯電話の利用が止められるのは、月々の携帯代金の支払い遅延があった場合のみです

このように、Aさんの携帯電話の利用が止められてしまったのは、携帯料金の滞納が原因であり、債務整理が理由ではないことが分かります。

Aさんが滞納した携帯料金を支払いさえすれば、また携帯電話を利用出来るようになるのです。

携帯料金の滞納がなければ、ドコモからauなどへのキャリア変更や新規契約も基本的には自由に出来ます。

債債務整理すると携帯(スマホ)機種の分割払いが出来ない!

債務整理しても携帯電話の利用自体には問題ありませんが、債務整理によって携帯電話本体(携帯端末)の購入費用を分割払い出来なくなることには注意が必要です。

なぜなら、債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が記録されて、借入れや分割払いの審査に通らなくなってしまうからです。

この状態を、俗にブラックリスト状態と言うこともあります。
ブラックリスト状態について詳しい記事はこちら

債務整理によって本体代の分割払いやクレジットカード払いができない、いわゆるブラックリスト状態になっている為、もし携帯電話を買い換えたい場合には機種代を現金で一括で支払う必要があります。

携帯分割払いが出来ない場合の対処法

では、携帯・スマホを買い換えたいが「債務整理で分割購入ができなくなった!」「一括購入できるような大きな現金を用意できない」という場合はどのように対処したら良いのでしょうか。

いくつかおすすめの対処法を紹介します。

家族の名義で契約してもらう

自分以外の家族に頼んで、1回線分追加で携帯電話の契約をしてもらいます。もちろん毎月の機種代・通信費の支払いは自分で行いますが、契約の名義が家族というだけです。

もしくは、家族が1つのキャリアで長く契約している場合は、貯まったポイントで安めの機種代くらいはまかなってもらえるかもしれません。

格安携帯(スマホ)会社を利用する

最近ではドコモ・au・ソフトバンク以外の携帯販売会社で契約したスマホ、いわゆる格安スマホを利用する人も増えています。

格安スマホには機種代が比較的安いものが多く、1〜2万円台の端末もよく見られます。また、格安スマホにすると月々の通信料もかなり抑えられるのでおすすめです。

中古の携帯電話を購入する

リサイクル・リユースショップでは、まだまだ使える携帯電話端末を安く販売しています。

もちろん機種を購入しただけでは携帯・スマホは使えませんので、インターネットや②の格安携帯会社などでSIMカードを購入しましょう。

よくわからない場合は、携帯端末を販売しているリサイクルショップや、格安携帯会社の実店舗で聞いてみると丁寧に教えてくれます。

格安携帯会社の実店舗が近くにないという人は、その会社のwebサイトを見てみましょう。ほとんどの場合、チャットにて無料で質問に答えてくれるサービスがあります。もちろん、電話で問い合わせてもいいでしょう。

ブラックリスト状態は、任意整理であれば完済から5年間程度、自己破産であれば手続き後7~10年程度続きますので、手続きが完了し年数が経過すれば、基本的にはまた自分名義で携帯分割購入が出来ます

また、ブラックリスト期間に利用出来なくなるのは借入れや分割払いであって、銀行口座の開設などは自由なので、キャッシュカードを作ったり、銀行を利用したりすることは可能です。

少し不便なことはありますが、上記のようにうまく対処すれば、逆に身の丈にあった生活感覚を取り戻せる期間として有意義に過ごすことができます。

携帯電話の契約についてはなんとでもなります。まずは、借金でマイナスの状況から脱出することを優先に考えるべきです

不安なことは弁護士事務所などに相談しましょう。解決しようとする姿勢自体が素晴らしいことなので、きっと親身に相談に乗ってくれますよ。

記事最後の無料診断ページにて、必要な場合は無料相談もできます。

まとめ

債務整理しても、携帯電話の利用自体に影響はありません

ただ、債務整理でブラックリスト状態になると、機種変更の際などの携帯分割購入が出来なくなります

この場合には、
1、家族の名義で契約してもらう
2、格安携帯(スマホ)会社を利用する
3、中古の携帯電話を購入する

このような対処法が最善です。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について