債務整理を依頼した弁護士を変更できる?その方法は?

最終更新日:2020/04/09

弁護士に相談

借金返済が苦しい場合には債務整理をすることがおすすめですが、債務整理手続きは弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。

ところが、弁護士などとやりとりがうまくいかず、弁護士を変更したいと考えるケースがあります。

実際、一度依頼した弁護士を変更することは可能なのでしょうか

また、弁護士を変更するにはどのような方法を執れば良いのかも知りたいところです。

そこで今回は、弁護士を変更することが出来るのかとその方法を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

債務整理の弁護士を変更すると費用がかかる

いったん債務整理手続きを依頼した弁護士を変更することが出来るのでしょうか。

実は、弁護士の変更は可能です。

債務整理手続きの中には任意整理、自己破産、個人再生などの種類があります。

個人再生なら住宅ローン支払い中でも利用できますし、車などの財産を守って借金を減額できます。

手続き中過払い金が見つかれば過払い金返還請求(過払い請求)をします。

これらの手続きのうち、どれをとっても弁護士を途中で変更することは出来ます。

また、各手続きのどの段階においても、手続き終結前であれば変更が可能です。

ただし、弁護士を変更した場合、着手金などの支払い済み費用が返ってこないことも多いですし、新しい弁護士に支払う費用が新たに発生します。

ただでさえ高額な弁護士費用が2重にかかってくることは、弁護士を変更する際の大きなデメリットと言えます。

特に借金をしている人は貯金もなく生活費さえ苦しい状況であることが多く、2重の出費はかなりの負担になります。

しかし、費用が用意出来ないからと言って絶対に闇金などに手を出してはいけません。

新しい弁護士を探して依頼する

費用がかかるとしても、以前の弁護士が信頼できなかったり何らかの事情で事件の遂行が出来なくなった場合は弁護士を変更せざるを得ません。

どのような方法で弁護士を変更出来るのでしょうか。

弁護士を変更するときには、まず今依頼している弁護士に対し、解任したいという意思を伝える必要があります。

そして、次の弁護士が決まっていれば、その弁護士の連絡先などを伝えて引き継ぎをしてもらいます。

カード会社などの債権者や裁判所へは、今の弁護士から直接連絡してもらえるので、依頼者が自分で連絡する必要はありません。

引き継ぎがきちんと出来ればその間に消費者金融など債権者からの督促状などが届くこともありません。

また、弁護士を変更したければ次の弁護士を探す必要があります。

新しい弁護士が決まったら、その弁護士と契約をして費用を支払い、事件の概要と以前の弁護士の連絡先を伝えて資料などの引き継ぎを行ってもらいます。

そして、裁判所や債権者らに対し、受任通知を送ってもらえば手続きは完了します。

おすすめの弁護士の探し方

弁護士を変更するときは、新しい弁護士を探さないといけません。

弁護士を探すと言っても家族や周囲の友人などに、知り合いの弁護士などはいないことが多いです。

そこで、弁護士を探すときには、インターネットを利用して検索してみる方法がおすすめです。

今はたくさんの法律事務所がホームページを掲載していますし、弁護士に依頼した体験談なども多く出ています。

たとえばDuelパートナー法律事務所などの名前もよく出てきます。

電話番号も記載してあるので、これらの中から気になる弁護士事務所に問い合わせをして無料法律相談を受けてみましょう。

直接弁護士と面談などを繰り返して、気に入った事務所に依頼するのがおすすめです。

まとめ

債務整理手続きの途中で弁護士を変更することは可能です。

弁護士を変更するときには今の弁護士に解任の意思を伝え、新しい弁護士を探して依頼し、事件の引き継ぎをしてもらいます。

新しい弁護士に依頼する場合、裁判所や債権者に自分で直接連絡する必要はありません。

参考にしてみてください。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について