大学生の借金の特徴!親にバレる・滞納する前に債務整理が有効な理由

最終更新日:2020/04/09

借金返済が苦しい

学生であっても学生ローンや信販会社のローン利用などにより借金することはありますし、学生時代に利用していた奨学金の返済が苦しくなることもあります。

このように学生が借金問題で債務整理した場合、親や就職活動、就職先に対して何か影響はあるのでしょうか。

今回は、学生が債務整理する場合の親や就職活動への影響について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 親が借金の連帯保証人になっている、滞納した場合の連絡先が実家に設定されているなどの場合は、借金が親にバレる可能性がある
  • 連帯保証人がついていない借金は、債務整理で解決することによって親バレを防げる可能性が高い
  • 債務整理が就職活動に不利に影響することはないと考えて良い

学生も借金問題を抱えることがある

学生でも借金を抱えることがあります。

最近では、消費者金融会社が大学生などの学生相手に学生ローンなどの貸し出しをしていますし、学生でも成人していれば親の同意書なしで金融ローンやキャッシングも利用出来ます。

クレジットカードも作れますし、カードローン会社、信販会社なども利用出来ます。

また、親にお金がなくて生活保護費をもらっていたり親の収入が少ないなどの事情で、学校に進学する際、日本育英会の育英会奨学金などの奨学金貸与を受けている学生も多いです。

奨学金を受け取った場合、あとから奨学金の返還が苦しくなって債務整理を希望する人も増えています。

このように、学生であっても借金をかかえることは大変多いです。

なお、教育ローンは親名義で借入をすることも多いので、学生本人の借金ではない場合もあります。

学生が借金しても、アルバイト収入などから返済出来ている間は良いですが、借金は高利息ですので、限度額いっぱいにまで借りてしまうなどして残債が多額になると、返済しても元金が減らず、支払いが苦しくなります。

このような学生の借金問題も債務整理で解決可能ですので、弁護士や司法書士に相談し、質問をして回答やアドバイスをもらいながら任意整理や個人再生、自己破産など適切な手続きを進めてもらいましょう

自己破産で免責決定が出れば、延滞金も含めて借金返済義務を完全に0にしてもらうことも出来ます。

なお、学生が債務整理する場合には、比較的借入が新しいので過払い金が発生していることはまず無いでしょう

親に債務整理がバレる場合

学生が債務整理する際によく心配され質問されるのが、「債務整理や借金が親にバレないか」という問題です。

これに対しては「バレることもある」という回答になります

借金が親にバレるきっかけとして多いのは、親が息子や娘の借金の連帯保証人教育ローンになっているケースです。

たとえば子供の奨学金借入の場合であれば、ほとんどの場合で父親か母親などの両親のうちどちらかが連帯保証人となっています。

この奨学金を債務整理すると、とたんに連帯保証人である親に借金返済の督促連絡がなされてしまうので、親にバレます

家族と同居している場合に学生ローンなどを利用している場合には、分割払いを滞納するとローン会社から郵便物や電話で支払いの督促が自宅に来ることによってバレてしまうケースもあります。

両親と離れて暮らしていても、借入契約時に連絡先を実家に指定している場合などでは、借金支払いを滞納すると実家に督促の連絡がなされることがあります。

このような親バレを避けるには、弁護士や司法書士に債務整理手続きを依頼することです。

司法書士や弁護士が債務整理手続きに介入すると、ローン会社などは司法書士・弁護士を通じてしか債務者に連絡を取ることができなくなり、親に連絡されることもなくなります。

借金を親に内緒で解決したいなら、滞納するまえに早めに弁護士などに相談して債務整理をしましょう

借金を解決する目安についての記事はこちら:少額の借金は任意整理しない方がいい?債務整理はいくらからできる?

就職活動には基本的に影響はない

学生が債務整理する際によく質問がある問題で「債務整理すると就職活動に不利にならないか」ということが聞かれます。

これに対する回答としては「基本的に不利にならない(影響はない)」ということになります

債務整理すると信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報が記録されて、金融機関などの融資の審査に通らなくなっていまいます。

こうなると、銀行系カードローンも利用出来ませんし、自分名義でクレジットカードを作ることも出来ません。

ただ、就職先がこの個人信用情報をチェックすることはまずありません。個人信用情報は本人か、返済中・もしくはローン申し込みをした金融機関しか見ることができません。

よって、就職活動において、債務整理したことがバレたり、それが不利益に評価される心配はしなくて良いでしょう。

ただ、友人や知人の「噂話」から債務整理が広まったりバレたりする可能性はありますので、無用に借金や債務整理の事実を人に話すことのないよう注意しましょう。

まとめ

学生でも学生ローンやクレジットカードなどの利用により借金を重ねることがあります。

学生が債務整理した場合、親が連帯保証人になっていたり実家が連絡先になっていると、親にバレることがあります

就職活動に対しては基本的に影響はありません

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について