主婦は債務整理できる?主婦が借金問題を内緒で解決する方法

最終更新日:2020/08/07

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
弁護士 町田 麻美

弁護士法人サンク総合法律事務所 町田 麻美

専業主婦

主婦でも借金返済をしているケースはあります。

結婚前に作った借金を内緒で返済し続けている、夫の収入を申告して作成したクレジットカードの返済がある、などその悩みは様々です。

今回は、主婦でも債務整理で借金問題を解決できるのか、家族に内緒で解決したい場合の対処法などを解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 債務整理の中でも、任意整理と自己破産であれば、主婦の場合も借金問題を解決できる可能性がある
  • その中でも任意整理は、家族に内緒で解決できるケースが多い
  • 債務整理を検討する場合は、まず借金の名義と保証人の有無を確認する

主婦でも任意整理と自己破産はできるケースが多い

債務整理には主に任意整理、自己破産、個人再生の3種類の手続きがあり、どれか最適な手続きを行えば借金問題が解決できることが多いです。

債務整理の種類と詳細について詳しい記事はこちら:「債務整理とは?任意整理、個人再生、自己破産の費用とメリット・リスクを比較!

任意整理の場合

まず、任意整理では手続きをした後も借金の返済が残ることを理解しておく必要があります。

任意整理は債権者と交渉をして、返済総額と返済方法について現在より楽になるよう和解する手続きですが、和解後には合意内容に従った返済が必要になります。

任意整理後の返済額は通常月々数万円ずつの分割払いで、3~5年間程度継続することが多いです。

このように任意整理は毎月の返済を確実に続ける必要がありますが、夫の収入から返済しても問題ありません

自己破産の場合

自己破産の場合、裁判所に申立てをして免責が認められれば、借金は「完全にゼロ(税金や健康保険料などは残ります)」となり、その後の返済は必要ありません。ただ、生活に必要な限度を超える財産は、原則として債権者への配当に回されるため、手元に保有しておくことはできません。

自己破産では手続き後の返済は必要ありませんし、本人の職業の有無は手続きに関係ありませんので、支払不能など、条件を満たせば主婦でも手続きは可能です

個人再生の場合

裁判所に申立てをして借金を「元金ごと」大幅に減額できる手続きです。借金の額によりますが、借金を5分の1や10分の1にまで減らせる可能性があります。

個人再生手続きには小規模個人再生手続(主に,個人商店主や小規模の事業を営んでいる人などを対象としますが、サラリーマンなどの個人も申立てすることは可能)と給与所得者等再生手続(主に,サラリーマンを対象)の2種類がありますが、どちらも本人に収入がある必要があります
(参考:個人再生手続利用にあたってー裁判所

このことから、基本的に専業主婦が個人再生手続きをとることは難しいでしょう

債務整理手続きを行うと、いわゆるブラックリスト状態になります。ブラックリスト状態では、信用情報に事故情報が登録され、しばらくの期間ローンを組んだりクレジットカードを作ったりできなくなります。

ブラックリストについて詳しくはこちら:「ブラックリストとは?【借金滞納や債務整理と信用情報】

このようなデメリットはありますが、主婦の方の場合、今後家庭で大きなローンが必要になっても家計を支える人(夫など)がローン契約することがほとんどです。

デメリットよりも、毎月の負担が減り借金返済のゴールが見える・借金の悩みがなくなるといったメリットの方が大きいのではないでしょうか。

借金の名義と保証人を必ず確認する

申告書類

主婦の方が債務整理を検討するのであれば、まず借金の名義と保証人の有無を確認しましょう。

返済に困っている借金の契約者名義が本人で、特にどの借金にも保証人がついていないという場合は問題ないのですが、そうでない場合注意が必要です。

借金が夫名義の場合どうなる?

妻が管理して返済していても、借金の契約者名義が夫であれば、妻が債務整理することはできません

この場合債務整理で解決したいのであれば、契約者名義である夫が手続きをする必要があります。

保証人がついている場合どうなる?

保証人つきの借金を債務整理すると、契約者本人の返済の負担が軽くなる代わりに、保証人の元に一括請求がいきます

対処法としては以下のような方法が挙げられます。

  • 保証人に理解してもらい、請求が来たら一括返済してもらう
  • 保証人に理解してもらい、保証人が一括で支払えないのであれば保証人も債務整理をする
  • 保証人つきの借金は除いて、それ以外の借金を任意整理する(自己破産は対象とする債務を選ぶことができず、すべての債権者を申告する必要があります。そのため、この方法は選択できません。)

主婦が借金問題を家族に内緒で解決する方法

節約して、もしくはパートで働くなどして自力で完済できそうであれば問題ないのですが、それだけでは解決しないという場合は債務整理を検討した方が良いでしょう。

その中でも、家族に内緒で解決できる可能性がある手続きは任意整理です。

任意整理であれば家族に内緒で借金解決しやすい理由

任意整理を弁護士などの専門家に依頼すれば、まずは債権者からの督促がストップします。その後債権者との交渉などのやりとりも全て専門家が対応するので、自宅に債権者からの連絡が来ることはなくなります。つまり家族にバレる可能性が低くなります。

依頼後、頻繁にではありませんが郵送や電話などで弁護士事務所と連絡をとることがあります。こちらに関しても、多くの弁護士事務所では事務所名を伏せた郵送対応をしたり、電話の時間を柔軟に調整したりしてくれます。

これに対して自己破産は、申立ての際に、主な収入を得ている人の収入証明などの資料を提出する必要があるため、家族に内緒で行うことは難しい場合が多いでしょう。

任意整理をしても家族にバレるケース

もちろん任意整理も必ず家族に内緒でできる手続きではありません。

家族に任意整理をしている事実がバレるケースとして、以下のようなことが考えられます。

  • 弁護士事務所からの郵送物の中身を家族に見られる
    ーしっかり管理して、見られないようにする工夫が必要です。
  • 何らかの理由で配偶者等の家族から家にお金を入れてもらえず、任意整理後の返済を滞納してしまう
    ー任意整理後の滞納が続くと、また債権者からの督促が自宅に来るようになってしまいます。その時のために両親など頼れる人に予め相談しておいたり、パートで働いて貯金をするなどのリスクヘッジをしておきましょう。

まとめ

債務整理の中でも、任意整理と自己破産であれば、主婦の場合も借金問題を解決できる可能性があります。その中でも任意整理であれば、家族に内緒で解決できるケースが多いです。

債務整理を検討する場合は、まず借金の名義と保証人の有無を確認しましょう

債務整理をした方が良いのか、債務整理のうち何の手続きで解決できるのかは、まず弁護士などの専門家に相談してみなければ明確になりません

債務整理をした方が、かえって家族を心配させずに解決できるということも大いに考えられるので、お悩みであればまずは無料相談をしてみましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について