支払いができずに家賃滞納!債務整理で解決出来る?

最終更新日:2021/07/05

書類を見て悩む人

賃貸契約をして賃貸住宅に住んでいる場合、毎月管理会社などに対して家賃を支払います。

しかし、不動産会社への家賃の支払いが苦しくなって、家賃滞納をしてしまうことがあります。

家賃滞納がかさんだ場合、家を出て行くのは仕方ないとしても滞納家賃が支払えない場合に解決方法はないのでしょうか。

滞納家賃についても債務整理の対象になるのかどうかが知りたいところです。

今回は、家賃滞納した場合の債務整理による解決方法について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

滞納家賃も債務整理出来るケースが多い

不動産会社(不動産屋)などを通じて賃貸契約をしている場合、毎月賃貸人に対し家賃の支払義務が発生しますが、この家賃支払いを滞納してしまうことがあります。

賃貸契約では、賃借人は賃貸人に対して賃料を支払う義務がありますので、支払いを滞納すると当然電話や郵便の督促状などで支払いに関する連絡が来ることになります。

少しの滞納であれば、滞納分の支払いをすればそのまま家に住むことが出来ますが、長期にわたって支払いが出来ない場合には、最終的には裁判をされて家を退去させられることもあります。

そして、家賃滞納がかさんで家を出る場合には、家を退去すれば済むということにはなりません。

滞納家賃については全額支払わないといけないのが原則です。

しかし、他に借金もかさんでいて、そのような支払いが出来ないことが多いでしょう。

そのようなときには、自己破産などの債務整理手続きを検討してみましょう。

個人再生や自己破産などの債務整理手続きでは、滞納している家賃も対象とすることができます。

裁判所で個人再生や自己破産が認められれば、滞納分家賃も含めた借金総額が減免されます(税金など一部債権を除く)。

任意整理はもともと、債権者に対し将来利息をカットもしくは大幅減額してもらう交渉を行う手続きですが、家賃の保証会社によっては任意整理の交渉をすることで分割払いを認めてくれる場合があります。

債務整理の電話相談や無料相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所もありますので、一度相談してみると良いでしょう。

家賃滞納すると保証人に迷惑がかかる

滞納家賃を債務整理すると保証人(連帯保証人)に迷惑をかけることが多いことには注意が必要です。

賃貸契約では、契約当初に賃借人の債務に連帯保証人を要求されることが多いです。

父が息子の保証人に、夫が妻の保証人になることなどもよくあります。

保証会社に入ってもらうこともありますが補足保証人としてやはり家族による保証も要求されることも多いです。

このように、親などが保証人になっている場合に賃借人が債務整理すると、その滞納家賃は連帯保証人である家族に請求されることになります。

よって、滞納家賃を債務整理するときには、連帯保証人となっている人に事前にきちんと話をして、その後の対応についてしっかり相談しておくことが大切です。

ブラックリスト状態になっても新たな賃貸契約は可能

債務整理をすると、いわゆるブラックリスト状態になって、融資の審査が通りづらくなりますので、自分の個人名義で借入することが出来づらくなります。

マンション契約も出来なくなるのではないかと心配する人もいるでしょう。

実は、債務整理をしても新たに賃貸マンションや家の賃貸契約をすることは可能です。

ブラックリストはあくまで借入にかかる問題であり、家の賃貸契約には基本的には無関係だからです。

ただし、家賃の保証会社が信販系の場合は、ブラックリスト状態であることから多くの場合で審査に落ちてしまうため注意しましょう。
詳しい記事はこちら:「自己破産で賃貸物件はどうなる?契約時は家賃保証会社に注意!【債務整理】

また、生活保護受給者に対する生活保護費などに対する影響もありませんので、生活保護を受けている状態の人も不安に感じる必要はありません。

まとめ

家賃の支払いが苦しく家賃滞納した場合も、債権者による場合もありますが債務整理は可能です。

その場合、親などの連帯保証人がいる際は迷惑をかけることになります。

債務整理してブラックリスト状態になっても、賃貸マンションの契約は保証会社によっては可能ですし、生活保護費の減額などの影響もありません。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について