期限までに借金返済出来ないとどうなる?遅延損害金に一括請求?

最終更新日:2020/04/08

多額の借金

消費者金融会社やクレジットカードのキャッシングなどの借金返済がある場合、支払いについては期限が設けられているものです。

この借金返済期限を守らないとどうなるのかを知っておかないと大変な状況に陥ることがあります。

今回は、借金返済を期限までにできない場合にどうなるのかとその対処法を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

期限までに借金返済が出来ないと遅延損害金が加算される!

借金には、通常その契約内容に従って支払の期限が設けられています。

友人知人が相手の貸し借りであっても借用書(金銭消費貸借契約書)や債務確認書などの書類を作り、返済期限を定めることが普通です。

親などが相手であれば、支払期限を守らなくてもたいした問題にはならないことも多いですが、相手側が貸金業者の場合はそうはいきません。

消費者金融やクレジットカードなどの借り入れがかさんで多重債務者状態になっている場合など、お金が足りずに月々の返済期限までに借金返済することが難しくなることがあります。

借金を期限までに返済出来ず支払いを滞納した場合には、遅延損害金(遅延利息)が加算されます。

遅延損害金は、利息の中でも違約金的な性質を持つものであり、その利率は通常の利子利息よりも高いことが普通です。

このように高利率な遅延損害金が加算されるので、借金を期限までに返済出来ない場合、借金残高は遅延日数が増えれば増えるほどどんどん増えていくことになります。

以上のように、期限までに借金返済が出来ないと高額な遅延損害金が加算されて、残債(貸付金残高)が増えてしまうことには注意が必要です。

期限までに借金返済が出来ないと一括請求される!

借金返済する際には、一括払いではなく月々の返済になっていることが多いです。

これも一種の借金の支払期限です。

借金返済の分割払いというのは、「その期限までは支払いをしなくても待ちますよ」、という意味だからです。

このように、借金に支払期限を設けて分割払いする方法のことを「期限の利益」と言います。

ところが、借金の支払いを遅延し続けると、この期限の利益がなくなります(期限の利益喪失)。

貸金業者などとの契約では、借金を2回分や3回分遅延すると、当然に期限の利益がなくなるなどと規定されていることが多いです。

よって、借金の支払期限を守らず長期滞納してしまうと、期限の利益がなくなって分割払いが認められなくなり、債権者(貸し手側)から借り主に対し、借金の残債の一括払いを求める請求書が送られます。

この催促は、ハガキではなく内容証明郵便でなされることが多いです。

さらにこの一括請求書も無視していると、裁判を起こされて給料などを差し押さえられてしまうおそれもあります。

借金返済の期限を守らないとこのような危険がありますので、くれぐれも遅延状態を放置することのないよう注意しましょう。

期限までに借金返済出来ないなら債務整理で解決する!

借金返済を契約通り、期限までに出来ない場合には、債務整理で解決するのがおすすめです。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きの種類がありますが、適切な手続きを執ればたいていの借金問題は解決出来ます。

また、時効が完成している借金があれば消滅時効の援用も可能です。

実際に期限に遅れてしまい、借金返済を滞納してしまっている状態であっても債務整理手続きをとることは可能です。むしろ放置している方が、状況がどんどん悪化していきます。

借金返済が期限までに出来ない場合には、あきらめずにきちんと弁護士や司法書士に無料相談に行き、アドバイスを受けて借金問題を解決しましょう。

まとめ

借金返済が支払期限までに出来ない場合には、高額な遅延損害金が加算されたり一括請求書が届いて裁判されたり、給与などを差し押さえられたりします。

期限までに借金返済が出来ない場合には滞納状態を放置することなく、債務整理手続きを利用して解決しましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について