財形貯蓄を利用して借金返済する方法は?

最終更新日:2020/04/09

申告書類

借金にはいろいろな種類があります。

消費者金融会社やカードローン、買い物ローンの借金もありますし、住宅ローンや奨学金返済もあります。

より利率の低い条件を求めて住宅ローン借り換えをすることもあるでしょう。

これらの借金返済に財形貯蓄が役立つことがあります。

今回は財形貯蓄とは何かということと、財形貯蓄を借金返済に利用する方法を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

財形貯蓄とは

楽に借金返済ために財形貯蓄を役立てることができます。

このテーマを解説する前提として、財形貯蓄とはどのようなものなのかを確認しておきましょう。

財形貯蓄とは、勤務先の会社などが銀行などの金融機関と提携して、月々一定のお金を貯蓄してくれる制度です。

自分や妻の勤務先で財形貯蓄制度があることも多いでしょう。

毎月の給料やボーナスから天引きされる形で貯金が出来るので、自分で普通口座などに貯金するのが難しい人でも簡単に貯金ができます。

財形貯蓄に充てる分、手取り額は少なくなります。

財形貯蓄にはその目的に応じて3つの種類があります。

1つは住宅財形貯蓄、2つは年金財形貯蓄、3つは一般財形貯蓄です。

住宅財形貯蓄は住宅購入費用に充てる目的のものであり、年金財形貯蓄は年金積立目的のものです。

一般財形貯蓄は、特に目的を限定されないタイプの貯蓄です。

住宅財形貯蓄を利用する

財形貯蓄のことがわかったところで、これがどのように借金返済に役立つのかを考えてみましょう。

まず1つ目のアドバイスとして、住宅財形貯蓄を住宅金融支援機構などの住宅ローン返済に役立てる利用法があります。

住宅財形貯蓄は、毎月の給料やボーナスを利用して月々積み立てますが、解約時に最大550万円分までの利息が非課税になります。

通常の銀行預金などの場合には、解約時に利息から税金を差し引かれてしまうので、利息を全額受け取ることは出来ませんが、住宅財形の場合には、550万円までなら利息が非課税になるので、利息を全額受け取ること出来るのです。

住宅財形を利用すると、それほど苦労することなく勝手に貯金が出来る上に、利息まで非課税になるというメリットもあるので住宅ローンの借金返済には非常に役立ちます。

子供ができたなどの事情で賃貸住宅からマイホームに移りたいときには、住宅財形で賢く住宅購入の頭金を貯めると、楽に住宅ローン借り入れへの返済が出来るでしょう。

購入後は、ボーナス払いなどを利用するよりも繰り上げ返済を利用して早めに住宅ローン残高を減らしていく方法がおすすめです。

ただ、住宅財形を利用する際、注意点があります。

それは、住宅財形を積み立てても、住宅購入費用(住宅取得資金)やリフォーム費用に充てないと、受取利息に通常の税率で税金がかかってしまうことです。

そこで、住宅財形貯蓄を利用する際には、配偶者などと相談して、はっきりと住宅購入予定や目標を持つことがおすすめです。

財形貯蓄担保融資を利用する

財形貯蓄を借金返済に充てる方法として、もう一つおすすめがあります。

それは財形貯蓄を担保にした借入(融資)を利用する方法です。

財形貯蓄をしている場合、通常よりも利率が低いなど有利な条件で借入をすることができます。

財形貯蓄を担保とするので、利率などを低くすることが可能なのです。

そこで、消費者金融などの借金返済がある人は、まずは財形貯蓄担保融資を利用して借り入れをして、その借入金をもって消費者金融などを完済し、その後は財形融資のみに返済していくことによって借金返済を楽にすることが出来ます。

このように、財形貯蓄は借金返済に大変役立ちます。

社会人で勤務先に財形貯蓄制度がある人は、ぜひとも1度利用を検討してみてください。

まとめ

財形貯蓄は借金返済に役立ちます。住宅財形の場合には、住宅購入費用に充てる場合、550万円までなら解約時にかかる利息が非課税になります。

財形貯蓄担保融資は通常の借り入れより条件が良いので、これを利用して他の消費者金融などの借金を返済すると、楽に借金返済が出来ます。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について