借金1億!?返済が苦しい時の解決法【100万円、1000万円、1億円の場合】

最終更新日:2020/04/09

多額の借金

借金の金額は人によってさまざまです。

南海地震などの天災に遭えば、どれだけ家族の給料などの世帯年収が高く、土地を所有していたり普通預金や定期預金に貯蓄をしていても一気に収入が無くなったり財産が失われて1000万円以上の借金をすることもあります。

住宅ローンが支払えなくなって1000万円以上の負債が残ったり、不動産投資に失敗して1億円の負債が残る人もいます。

もともと生活が苦しく住民税の支払いも難しい状態で、100万円の借金返済が苦しい人もいます。

今回は、このような100万円、1000万円、1億円の借金返済がある場合でも解決する方法を解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 100万円の借金返済が出来ない場合には、任意整理が最善というケースが多い
  • 100万円の借金でも返済能力がまったくないのであれば、自己破産が出来る場合がある
  • 1000万円の借金返済が出来ない場合には、特に住宅ローンがある場合には個人再生ができればダメージが少ない
  • 1億円の借金返済が出来ない場合には自己破産手続きになる可能性が高い
  • これらはあくまで目安で、何の手続きが最善か自分で判断して対応することは非常に困難。なるべく早く専門家に相談するのがベスト

100万円の借金返済が出来ない場合

100万円の借金返済が出来ない場合には、どのような解決方法があるのでしょうか。

この場合には、自分達家族に借金の返済能力があるかどうかによって対応方法が異なります。

たとえば自分や配偶者にある程度給与収入などがあって支払いが継続出来るのであれば、債務整理の中でも任意整理手続きによって解決することがおすすめです。

任意整理を利用すると、将来利息の支払いがカットもしくは大幅減額され、支払期間も3~5年程度と長期間に設定出来ることが多いので、毎月の支払いが楽になる可能性が高いです。

任意整理ならば、両親などが保証人になっていても迷惑をかけずに済みますし、預金や貯金があっても失うこともありません。

任意整理のメリットについて詳しくはこちら:任意整理は一部債権者を対象に出来る!メリットの生かし方は?

任意整理が失敗するケースはあるの?詳しくはこちら:任意整理の交渉失敗!どんな場合に失敗するのか、その対処法は?

もし自分や家族にまったく支払い能力がないのであれば、自己破産することがおすすめです。

自己破産申し立てをして免責決定をしてもらえれば、借金返済義務を完全に0にしてもらうことが出来ます。

その人の経済状況によりますが、借金額が1000万円や1億円などの多額でなくとも、100万円などの少額でも自己破産手続きを利用することが可能です。

とはいえ何の手続きが最善なのか、本人だけで判断して対応していくことは非常に困難です。司法書士や弁護士など、債務整理の専門家に相談するのが最善です。

この記事の最後にある無料診断も役に立ちますので、ぜひ試してみてください。

1000万円の借金返済が出来ない場合

1000万円の借金返済が出来ない場合にはどのような解決方法があるのでしょうか。

この場合にも、本人または家族にどのくらいの返済能力があるかによって手続き方法が異なります。

借金総額によりますが、自分たち家族にある程度の年収があって返済能力がある場合には、個人再生手続きがおすすめです

消費者金融などの他に、銀行などの金融機関から住宅ローン借入をしている場合にも、やはり個人再生はおすすめです。

個人再生の住宅資金特別条項を利用すれば、住宅ローンはそのまま支払ってマイホームを守りながら、他の借金だけを減額することが可能です。

この方法を執れば、せっかく自己資金を入れて住宅ローンを組んだ我が家を手放してアパート暮らしに戻る必要もありません。

個人再生を利用すると借金を5分の1または100万円の多い方の金額まで、元本ごと減額してもらうことが可能なので、支払いがかなり楽になります。

よって、1000万円などある程度大きな金額の借入がある場合におすすめです。

しかし、個人再生は借入金額5000万円までが利用の上限になりますので、借金額が1億円などの人が利用することは出来ません。

個人再生や自己破産について詳しくはこちら:【借金の解決方法】自己破産や個人再生など、債務整理のやり方を徹底解説

1億円の借金返済が出来ない場合

1億円の借金返済が出来ない場合にはどうしたらよいのでしょうか。

この場合には、100万円や1000万円の場合と違って、ほぼ返済不能状態であることが多いでしょう。

債務状況や生活状況にもよりますが、1億円の借金があるなら自己破産手続きによって解決することになる可能性が高いでしょう。

自己破産で免責決定をしてもらえれば、どれだけ多額の借金があっても支払い義務を完全に0にしてもらうことが可能です。

1億円の借金があっても返済する必要が無くなるのです。

よって、1億円の借金返済が出来ない場合には、弁護士や司法書士に相談依頼して最善の方法を話し合いましょう。

まとめ

借金返済が出来ない場合の対処法は借金合計額によって異なります。

100万円の借金返済が出来ない場合には、任意整理がおすすめです。

ただし、返済能力がまったくないのであれば、100万円の借金でも自己破産が出来る場合があります。

1000万円の借金返済が出来ない場合には、特に住宅ローンがある場合には個人再生がおすすめです。

1億円の借金返済が出来ない場合には自己破産手続きになる可能性が高いです。

これらはあくまで目安です。何の手続きが最善か自分で判断して対応することは非常に困難ですので、お悩みの場合はまず、司法書士や弁護士などの専門家に相談しましょう

こちらの無料診断も役に立ちますよ。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について