任意整理後に払えない・滞納した場合の対処法【債務整理】

最終更新日:2020/11/27

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
弁護士 堀川 民人

弁護士法人サンク総合法律事務所 堀川 民人

借金返済が苦しい

任意整理で再度返済計画を立てたがやはり支払いが厳しい。

急遽収入が減ってしまい滞納してしまった。

このような場合、どう対応するのが最善なのでしょうか?

今回は、任意整理後に返済計画通り払えない場合の対処法について解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 滞納はまだしていないが、今後継続的に返済することが難しくなったという場合は、追加介入または方針変更という解決方法がある
  • 滞納を2回して督促や一括請求をされてしまった場合は、再和解または方針変更という解決方法がある
  • どのケースも個人で判断することは難しいため、早めに弁護士などの専門家に相談するのが良い

状況別の解決方法

任意整理後に滞納が2回続くと、期限の利益喪失となり、一括請求される場合がほとんどです(和解書を確認してみてください)。

もし一括請求となったら、大変です。そこで、

 

  • 滞納はしていないが返済が苦しい
  • 2回以上滞納してしまった

 

 

上記のような状況別に、任意整理後の返済が苦しい場合の対処法を考える必要があります。

滞納はしていないが返済が苦しいという場合

借金返済が苦しい

急な出費により一時的に滞納してしまいそうという場合は、緊急事態ですので親族に相談したり、積立金を崩して一時的に間に合わせる方が良いでしょう。

たとえば奨学金なら猶予制度がありますが、1度任意整理をした場合「ちょっと返済が厳しいから一旦ストップさせて欲しい」とか「毎月の返済を減額して欲しい」という言い分が通用しません。すでに任意整理の交渉で、元々の約束通りの金利・期間よりも良い条件にしてもらっているからです。

しかし、一時的に返済できないというよりは、生活状況が変わり今後ずっと返済が苦しくなるという場合には、上で述べた一時しのぎの方法では解決が難しいでしょう。

離婚して世帯収入が減った、減収したなどの理由で、今後も返済が苦しくなりそうであるなら

 

  • 追加介入
  • 方針変更

 

 

この2つの解決方法が考えられます。どちらの方法をとる際も、弁護士や司法書士に再度依頼するケースが多いです。

追加介入

任意整理の対象にする社数を増やし返済総額を下げる方法です。

過去に任意整理を依頼した時に、「残債があと数十万しかないから」「この銀行はできれば使い続けたいから」などの理由で対象にしなかった債権者がある場合、そちらも返済を楽にするために、今から新しく、任意整理をするのです。

そうすることで、全体的に毎月の返済額を下げる効果が見込めます。ただし、すでに、全ての債権者に対して任意整理が済んでいる場合、この方法では対処できません。

方針変更

そもそも収入に対して返済額が大きすぎるとしたら、個人再生や自己破産などの、借金を全てまとめて減額・免除してもらう方法も検討した方が良いでしょう。再和解よりも、こういった方法が適切であることも少なくありません。

個人再生について詳しい記事はこちら:「個人再生とは?メリットとリスク・費用について徹底解説

自己破産について詳しい記事はこちら:「自己破産とは?メリットとリスク・費用について徹底解説

任意整理の追加介入をした方が良いか、他の債務整理に方針変更をした方が良いかは、個人で判断することは困難な場合が多いです。

最初に任意整理を依頼した弁護士でも別の弁護士でも構いませんので、まずは債務整理を得意とする、実績の多い専門家に相談してみましょう。

2回滞納してしまい、督促や一括請求がきた場合

借金 夜も眠れない

一括請求が来てしまった場合は

 

  • 再和解
  • 方針変更

 

 

この2つの解決方法が考えられます。どちらの方法をとる際も、弁護士や司法書士に再度依頼するケースが多いです。

再和解

まず、再度返済計画(返済条件)を見直してあらためて和解(示談)ををすることが考えられます。

一括請求が来ていても、再和解の交渉が成功すれば、改めて分割払いができるというメリットがあります。他方で、債権者が、交渉に応じてくれなかったり、以前より厳しい条件でしか再和解ができなかったりすることもある、という点には注意しましょう。

再和解について詳しい記事はこちら:「任意整理やり直し=再和解ができないケースと対処法【債務整理】

方針変更

任意整理後の支払いを滞納している状態でも、個人再生や自己破産に方針を変更することが可能です。

一括請求となれば遅延金も発生しますし、放っておくと裁判を起こされる可能性もあります。手遅れにならないよう、なるべく早くどの方法が最善かを弁護士などの専門家に相談しましょう。

まとめ

任意整理後に滞納が2回続くと、期限の利益喪失となり、一括請求される場合がほとんどです。

滞納はまだしていないが、今後継続的に返済することが難しくなったという場合は、追加介入または方針変更という解決方法があります。

滞納を2回して一括請求されてしまった場合は、再和解または方針変更という解決方法があります。

どのケースも個人で判断することは難しいため、早めに弁護士などの専門家に相談しましょう。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について