弁護士相談Q&A

弁護士に聞いてみたいQ&A 当事務所でよくあるご質問をご紹介いたします。

まずお電話かメールでお問い合わせください。専門の相談員が状況をお聞き取りします。
電話や面談にて弁護士と相談し、適切な債務整理を進めていきます。

手続き内容やご状況によって異なります。
費用相場についての記事はこちらです。
【債務整理の費用相場は?】お金がなくても債務整理できる理由
※あくまでも目安・相場ですのでご注意ください

無料でご相談いただけますのでご安心ください。

もちろん、ご相談だけでも可能です。ご依頼いただく場合はご相談内容をふまえて、十分に打ち合わせをした上でお受けいたします。

「債務整理の中でも、どの手続きを選択できるのか」「どの手続きをとればご本人が、ご家族がより良い生活を送れるようになるのか」を、ご本人だけで判断することは難しいです。
弁護士は債務整理において多くの実績があり、業者ごとの傾向やノウハウも蓄積されていますので、わかりやすく的確なご説明ができるかと思います。
さらに、実際に手続きを進める場合も、弁護士が代行することで本人の負担が減り、成功率もアップします。
無料相談だけで問題が解決することもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士は相談者さまの、「借金問題を解決し、前向きに生活していきたい」という気持ちを尊重し、具体的なお手伝いをしたいと考えています。
安心してご相談ください。

契約終了までの期間は、ご依頼内容によって異なります。

相談から契約終了までの流れ【図】

債務整理の手続きを依頼することになった場合の具体的な期間と流れについてはこちらの記事でご確認いただけます。
債務整理の期間と流れを手続きごとに比較!

ご相談の段階では、特にお持ち物は必要ございません。ただ、クレジットカードやキャッシュカードなど借入先がわかるものや、借入残高がわかる書類・郵送物などがあれば、弁護士がより的確な解決方法をアドバイスできる可能性が高いです。
任意整理を弁護士と契約をする場合のお持ち物や、状況別の「あった方がいい書類」などについて詳しい記事はこちらです。
任意整理の必要書類はたったこれだけ!揃えられない場合の対処法は?

ご家族や職場に内緒でご相談いただくことは可能です。弁護士からご家族や職場にご連絡するようなことはありませんし、もしご家族から事務所に問い合わせがあっても守秘義務によりお答えすることはございません。
ただ、債務整理などのお手続きをご依頼される場合、手続き内容によってはご家族に共有した方が良い場合もあります。そちらも含めて、弁護士にご相談ください。
関連記事はこちらです。
債務整理は会社や家族にバレるのか?借金問題がバレない方法

借金問題を解決しようと前向きに考えられているんですね。
金融機関から借入をすると、その返済履歴や滞納状況、現在の残債などが信用情報に記録されます。信用情報を閲覧するのは基本的に金融機関ですが、借入した本人も確認することができます。まずは、信用情報を取り寄せましょう。
信用情報機関には以下の3種類があります。

開示手数料は各1000円程度です。3種類とも情報を取り寄せし、その書類を面談の際にお持ちいただくなどして見ることができれば、弁護士が現在の生活状況など含め、包括的に判断して解決方法をアドバイスします。
もちろん、信用情報を取り寄せる前でもご相談いただくことは可能ですので、不明な点はお気軽にお電話・メールでお問い合わせくださいね。

債権者から裁判を起こされていても解決方法はあります。ただ、状況によってできる手続きとできない手続きがあります。
まずはなるべく早くご相談ください。
債権者からの督促や裁判所からの通知を無視して滞納を続けていると、給与や財産が差し押さえになる恐れがあります。
裁判所からの通知が来た場合の対応や、無視したらどうなるかについてはこちらの記事でご確認いただけます。
【裁判所から通知がきたら】手紙の種類と意味を解説!【借金返済】
借金返済を滞納すると裁判に!裁判所からの通知を無視したらどうなる?

はい、代理でご相談いただけます。ただ、債務整理などの手続きを進めることになった場合、代理でのご契約はできません。
借入したご本人のご意向を確認した上でのご契約となります。

もちろん可能です。借金問題には詐欺や離婚、相続、不動産関係など他のお悩みも付随することが多いものです。
お悩みを伺ってお力になれることがあればご提案しますので、なんでもご相談ください。

電話無料相談タップで発信

メール無料相談

カテゴリー

お悩みから解決方法を探す

借金返済・債務整理の豆知識