借金返済の乗り換えとは?乗り換えすべき場合も知りたい!

最終更新日:2020/11/26

借金返済が苦しい

プロミスやアコムなどの消費者金融業者やクレジットカードのカードショッピング、楽天カードなどのカードローン、楽天スーパーローン、ライフサポートローン、ローン機能付きキャッシュカードの利用など、借金の種類はさまざまです。

借金返済はなるべく楽にしたいものですが、楽な借金返済のために借金の乗り換え(乗り換えローン)は有効なのでしょうか。

乗り換えすべき場合とそうでない場合の区別も気になります。

今回は、借金の乗り換え手続きについて解説します。

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

借金の乗り換えとは

自分や結婚相手などが月々借金返済している場合は多いですが、借金の「乗り換え」という言葉を1度は聞いたことがあるでしょう。

借金の乗り換えとは一体何なのでしょうか。

これは、借金を借り換えることです。

A社から借入残高がある場合に、B社から借入をしてA社には完済し、以後はB社に返済していくというイメージです。

借金が無くなるわけではありません。

東京スター銀行などの金融機関がよく宣伝している「おまとめローン」も借金の乗り換え(借り換え)の一種です。

おまとめローンを利用する際には、申込みをして審査を受けて、通れば融資を受けられます。

複数の借入先からの借金を、銀行からの一本の借金に乗り換える手続きがおまとめローンです。

借金には奨学金や軽自動車やバイクを購入する際のローンなどもありますが、基本的にどのような借金でも乗り換えは可能です。

そして、確かに借金の乗り換えにはメリットもありますが、デメリットもあります。

利用すべき場合と利用すべきでない場合もあります。

なお、携帯代金や家賃の滞納分は「借金」ではないので「乗り換え」手続きはありません。

これらの返済のためには、新たに「借入」をすることになります。

借金の乗り換えを利用すべき人

借金返済をしている場合に借金の乗り換えを利用すべき人とはどのような人でしょうか。

基本的に乗り換えは、借金返済にかかる利息支払いを低くするために行うものです。

よって、現在高い年利利息を支払っている場合には、より利息の低い借金に乗り換えるのは1つの有効な方法です。

月々の支払が低くなれば、手取り収入からあまりが出て、その分生活費や子供のための費用、貯金などにお金を回すことも出来ます。

また、借金の乗り換えをすると、以前の借入先の借金は完済出来ます。

たとえば以前の借金に親などが保証人になっている場合には、その借金が完済できるので保証人の義務は無くなります。

新たな借金に保証人がいらなければ、保証人を解放することが出来るのです。

よって、保証人を解放したい場合にも借金の乗り換え手続きは有効です。

借金の乗り換えをすべきでない人

借金の乗り換えを利用すべきで無い人もいます。

それは、今すでに金利が低く有利な条件で借金返済している場合です。

たとえばもともと比較的利率の低い銀行カードローンで借金返済しているのに、わざわざ金利の高い消費者金融の借金の乗り換えるべきではありません。

頭金を入れて住宅ローンを組んでいる場合なども通常は金利が低いです。

また、借金を限度額(利用可能額)いっぱいまで借りてしまうような借金癖がある人は借金の乗り換えやおまとめローンに向かないことがあります。

乗り換えをすると、以前の借入先の限度額が空いてしまうので、結局それらも利用して借金額が倍増してしまうこともあるからです。

きっちり返済計画を立てて、それ以上の借金をせずにコツコツ返済していける人であれば良いですが、借りられるだけの借金をしてしまうタイプの人は借金の乗り換えをするのは危険です。

まとめ

借金返済している場合には借金の乗り換えが出来ます。

借金の乗り換えの主な目的は支払利息を減らすことですが、乗り換えると保証人を解放できるというメリットもあります。

今すでに低い金利で取引している人は借り換えには向きませんし、借金癖がある人も、乗り換え手続きを利用すると以前の借入先から再度借金してしまうことがあるのでおすすめできません。

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

<解決事例>マイホームを手放さずに借金解決!C子さん(38歳 主婦 子供あり)

匿名で診断OK! 質問に答えるだけ!借金がいくら減るかわかります。

減額診断スタート

司法書士法人みつ葉グループでは借金問題の専属チームがフルサポート。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について