借金返済の滞納で逮捕されることはある?未払いがある人がやるべき事とは?

最終更新日:2020/04/13

監修

弁護士法人サンク総合法律事務所
代表 樋口 卓也

弁護士法人サンク総合法律事務所 代表 樋口 卓也

借金返済で逮捕?

消費者金融やローン会社などからの借金返済を滞納すると、債権者から度重なる請求があって、ついには裁判を起こされることがあります。

このように訴えられてしまうと、逮捕されることはあるのでしょうか

あなたの借金はいくら減らせる?

減額診断スタート

<この記事の要約>

  • 借金返済ができなかったからといって、逮捕されることはない
  • しかし、借金の支払いができない状態が続くと、結局民事で裁判を起こされて給料などを差し押さえられ、自分たちの生活が出来なくなってしまうおそれがある
  • その前に司法書士や弁護士に相談し、適切な債務整理手続きをとって解決しよう

借金返済が出来なくても逮捕されない!

ほっとする人

借金返済を滞納すると債権者から督促が来て、ときには裁判を起こされてしまうことがあります。

その上、逮捕されて刑務所に収監されてしまうことなどあるのでしょうか。

実際、借金返済が出来なかったからと言って逮捕されることはありません

お金の貸し借りは民事の問題ですが、警察は刑事問題にしか介入しないからです。

詐欺は犯罪ですが、借りたお金を返せなくなることは犯罪ではありません。

借金返済出来ずに裁判されたとしても、それは民事の請求であって刑事の手続きではありません。

借金滞納で逮捕されることはないので、まずは安心しましょう。

闇金融は警察に告訴することができる

ヤミ金は警察に相談

借金の返済が難しくなり、ときには闇金融(闇金/ヤミ金)を利用しているケースがあります。

闇金融による督促は厳しく、精神的に参ってしまうことがあるでしょう。

闇金融は違法組織です。
法律で定められた以上の利息をとって営業することは犯罪です。

よって、闇金融被害者となった場合、被害届を出して警察に告訴することが可能です。

多くの場合闇金融は上手に逃げてしまうので、逮捕するまではうまくいかないことがありますが、警察に相談すれば、少なくともしつこい督促からは解放されます。

夜間や早朝に、自宅まで取立てに来たり、債務者本人以外の家族等に請求することなどは違法な行為として禁止されています。

闇金融被害に遭っている場合には、警察に相談すると同時に弁護士にも相談して、闇金融を退散させましょう

借金返済が出来なければ債務整理する

頼れる専門家

借金返済が出来なくても逮捕されないと言うことはわかりました。

しかし、借金の支払いができない状態が続くと、結局民事で裁判を起こされ給料などを差し押さえられて、自分たちの生活が出来なくなってしまうおそれがあります

このような状態にならないためには、債務整理手続きをするのが有効な手段のひとつです。

自己破産手続きが開始すれば、給料差押が始まっていてもそれを中止できる場合もあります

債務整理をしても、携帯電話・スマートフォンの利用や賃貸アパートの利用が出来なくなることもありません。

※スマートフォンの料金をクレジットカードで支払っている場合や、賃貸の家賃の保証会社の審査が通らない場合を除きます。

妻や子供などの家族に迷惑をかけることもありません。

任意整理であれば、兄弟や身内に保証人になってもらっていても迷惑がかからない可能性があります。

借金返済が苦しい場合には、債務者本人が弁護士・司法書士に相談し、適切な債務整理手続きを行って解決するのが効果的です。

まとめ

借金返済が出来ないからと言って逮捕されることはありません

闇金融は違法ですので、警察に相談しましょう。

借金返済が苦しい場合には逮捕を恐れる必要はないので、適切な債務整理手続きをとって解決しましょう

何が適切な手続きなのかわからない!

そんな時はこちらの無料減額診断を行ってみましょう。今すぐ専門家に相談した方がいい場合があります。


電話無料相談タップで発信

メール無料相談

お悩みの方に役立つ記事

債務整理について

借金返済について