調査

個人が突然、税務調査などを受けて所得税や住民税、消費税、相続税、追徴課税など多額の税金納付が必要になることがあります。

場合によっては数百万円~数千万円以上の追徴課税がかかる場合があり、個人ではどう頑張っても支払いに困ることがあります。

この場合、自己破産手続きを執ることによって支払いを免れることが出来るのでしょうか。

また、個人で住民税などの納税が遅れた場合に、いわゆるブラックリスト状態になって借入が出来なくなることはあるのかも気になります。

今回は税金を払えない場合の自己破産の有効性や、税金納付遅れとブラックリストの関係についてお伝えします。

続きを読む