パートナーへの影響

債務整理の手続きを利用する場合、財産内容が問題になることがあります。

このとき問題になるのは基本的に自分名義の財産です。

家族名義であっても他者名義のものであれば、基本的に手放す必要はありません。

このことからすると、離婚によって元妻や元夫に財産分与してしまっている場合には、その財産については債務整理の際に問題にならないはずです。

しかし、財産分与していても、それが財産隠しなどを見なされて効果が否認されることがあります

今回は、債務整理と離婚・財産分与の問題について解説します。

続きを読む